« 急展開 | トップページ | お見合いまで »

建替え決意

19163355 35年前に結婚を機会に知り合いの大工さんに建ててもらった家のリフォームは耐震強化、断熱、屋根、外装等の工事で大掛かりなものとなって、出てきた見積りは新築工事費と変わらない金額だった。

この家に永住するのなら、母の仮住まいを必要としないリフォームも良い。

しかし私達夫婦にはいづれ関東に戻りたいという魂胆があるので、仮に10年後売却するとした場合に、築45年の建物となるので、評価ゼロとなってしまうとリフォームの費用が活きない。それに間取り面で制約があり、リフォームをしても快適なものにはならないのも辛い。

解体費用は余分にかかるけれども建替えもあるかと、新聞やインターネットで調べると、家作り講演会は首都圏では毎週末どこかで開催されていて、積極的にあちこちでかけて参加してみた。

頭に残ったキーワードは、「パッシブエアーサイクル」「ソーラーサーキット」
「高気密高断熱」「外断熱・充填断熱」「オープンシステム」「シロアリ」
「住宅性能表示」といったものであった。

35年前大工さんに建てて貰った体験から、家というものは車や家電製品の様にハウスメーカーのメニュー住宅を買うのと違って、建築家と過程を楽しみながら創りあげたいものだと思っていた。「建もの探訪」や「大改造ビフォアアフター」などのTV番組で、建築家の素晴らしいパフォーマンスを見ていたのも影響したのかもしれない。

しかし、いざとなると建築家の敷居は高く感じる。建築家に頼むと見栄えは良いが高いのではないか。なんとなく気むずかしいのではないか等と余計なことも気になる。それに大阪に建築家の知り合いがいない。どうして探すか。

インターネットで「大阪」「家つくり」「外断熱」などをキーに検索して、毎日いろいろなサイトを読み漁っていた中で、建築家を紹介してくれる会社がある事を知った。まずは横浜に近い自由が丘にある「ザ・ハウス」にアポイントを取って夫婦で訪問してみた。

担当者がこちらの事情を聞いてくれ、大阪で建てるのならと、今は閉店になった大阪店から転勤された女性コーディネータのYさんを紹介して頂いた。

Yさんから大阪で担当された建築家から私達の要望に合いそうな建築家の写真を見せて頂き、建築家との見合いを勧められた。写真で気に入った建築家3名を候補に、私達が11月大阪に行く時に見合い日程の調整をして頂く事になり、判りやすい解説と適切な対応に気分を良くして帰宅した。

|

« 急展開 | トップページ | お見合いまで »

1.リタイヤして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/11041901

この記事へのトラックバック一覧です: 建替え決意 :

« 急展開 | トップページ | お見合いまで »