« 建築家選び | トップページ | 住宅性能表示制度 »

本と間取り作成ソフト

建築家とのお見合いが済み、横浜に戻ってから、たっぷりある時間を利用して、家作り過程を楽しもうと、家作り関連本を読んだり、間取り作成ソフトで間取り図を作成してみた。

この期間に読んだ本と使ったソフトの感想は以下の通り。
本質を暮らす贅沢な家。

PAC(パッシブエアーサイクル)住宅の住まい手からのメッセージを実例写真、間取りとともに紹介された本。住宅システムの宣伝本にとどまらず、よい家に住むことの意味を見つめなおすのに役立つのでお勧め。

価格の見える家づくり

価格に納得できる家がほしいという人たちのために書かれた本で、住宅価格の構造が理解できて勉強になった。オープンシステムが生まれるまでと仕組みの解説本。

「いい家」が欲しい

家作りベストセラー本。外張り断熱工法への思い入れが強く、そのために言いすぎの部分があるが、それを踏まえて読むなら、これから家作りをされる方には必読の本と思う。

外断熱」が危ない!

外張り断熱に対抗して充填断熱の家の良さをアピールしている本だが、建築家としての実践から断熱や気密に対する解説が勉強になる。これも家作りをされる方には必読の本と思う。

誰も知らなかった「ローコスト住宅」の正しい知識

住宅コストのカラクリやローコスト住宅と称するハウスメーカーのうそを暴いて、正しいローコスト住宅とはと問いかけている本で、間取りとコストの関係がよく理解出来た。


Image21新在来木造構法マニュアル


NPO新住協で発行されている本で、上記「外断熱が危ない」の著者西方さんの先生であり、「高断熱高気密」という言葉を創った室蘭工業大学の鎌田教授が監修された充填断熱工法のマニュアル。建築が専門で無い私にも家を建てる手順が判りやすく、気密・断熱面の設計でもっとも影響を受けた。充填断熱をと考える人にお勧め。

3Dマイホームデザイナー2006

このソフトは間取り図から3Dでバース図からインナーウォークまで出来るソフトで、素人の私には立体的なイメージがつかみやすかった。
建築コストを小さくする事を考えて、私がこのソフトを使って作成した総2階で2階リビングのサイコロハウス案が、福味さんからメールで頂いた45度角度をつけた案と角度を除けば近かったのも建築家選びで福味さんを選ばせて頂いた一因だった。
以後も福味さんから送られてきた間取り図は全てこのソフトに書き直して3D表示して検討するのにたいへん役立った。

|

« 建築家選び | トップページ | 住宅性能表示制度 »

2.建築家さがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/11651025

この記事へのトラックバック一覧です: 本と間取り作成ソフト:

« 建築家選び | トップページ | 住宅性能表示制度 »