« 建築家とのお見合い | トップページ | 本と間取り作成ソフト »

建築家選び

今回お見合いした5人の建築家は、提示した予算額で設計監理を引き受けて頂けるとの事だったので、私達が一緒に家作りをして下さる人をどなたか一人選ばねばならない。

サラリーマン現役時代には、新入社員選抜面接も数多く経験してきたが、その場合こちらがプロで相手は素人なので選択はそう難しくない。しかし建築家選びは、こちらが素人で相手はプロ。素人にはプロの本当の違いが判らないので、プロを選ぶというのは難しいものだ。

妻と話し合い、消去法で選んでいった。
意欲が伝わらなかったY建築士と建材の自由度が少ないR建築士をまず外させて頂いた。

次にオープンシステムでコストパフォーマンスが高く、質の高い仕事をされていたS建築士は人柄が良く魅力的だったが、オープンシステムでは私達が横浜に住んでいるため、業者選定などに大阪での時間を多くは割けない点で不安があって断念することにした。近くに住んでいたならSさんに決めていたかもしれない。

横浜に戻って3人の建築家にはお断りの連絡をし、残る2人には決め兼ねていて時間が欲しい旨を伝えた。

実はお見合いの後横浜に戻る前に、妻から「Hさん設計の家を拝見できないか聞いてみたい」という提案があり、早速Hさんに電話して、写真集で気に入ったお宅訪問のアポイントを唐突にお願いし、Hさん同行でお宅を拝見した。そのお宅の奥様と2時間も歓談させて頂き、妻はHさんを気に入った様だった。

私はお見合い時、Hさんが住宅性能表示制度に消極的という点が気になっていた。Hさんはお宅訪問後に近くの喫茶店で「訪問したお宅の等級は今はどの程度なのか判りません。今後設計住宅性能評価を希望される方が増えていく可能性もあり、良い機会なので調べてみます」と言われていた。

家は数値では考えられない定性的な部分が多いと思うが、住宅性能表示制度を利用するかどうかは別にして、住宅性能表示制度に示されている定量的な数値は、設計する家の品質の物指しとして最低限抑えておくべき側面であろうかと理工系の私は思っていた。建築家は自分の設計した家が住宅性能表示制度のどの位置にあるかを把握しているだろうと勝手に思っていたので、Hさんの答えは意外だった。

次女の結婚式準備などで建築家選びは中断していたが、F建築士からは「カタチ」の「カ」以前の段階だとして、私達の既成概念を打破するためにと東西13m×南北15mの敷地に45°角度をつけた総二階の32坪でサイコロハウスのレイアウト案がメールされてきた。この案は四隅にできる庭に意味付けをし、1階が寝室・水廻り、2階はLDKという案であったが、私は案の面白さと積極性でFさんに気持ちが傾いていた。

結婚式が無事済み、妻や横浜に来ていた母と建築選びを話し合ったが、姉歯建築士の耐震偽装事件に対する連日の報道にも感化されたのか、妻も住宅性能表示制度への関心が急激に高まった様子。住宅性能表示制度評価員をされている事もあって積極的なアプローチを頂いたF建築士に家作りをお願いしようという結論になったのは、お見合いしてから1ヶ月後。H建築士と「ザ・ハウス」のYさんには大変ご迷惑をおかけしてしまった。妻はFさんの設計されたお宅を訪問していない事が不満材料だったので、次回大阪行きの際にはその事をFさんにお願いしてみたい。



お見合いで建築家選びをしてみようと思われる方は、事前に以下の事をするのをお勧めしたい。
①こちらの要望を箇条書きにして、お見合い前に建築家に届ける
②お見合い前にプレゼン間取図作成をお願いしておく
③過去に設計監理されたお宅を訪問できる様、お見合い前にお願いしておく
住宅性能表示制度を勉強する

|

« 建築家とのお見合い | トップページ | 本と間取り作成ソフト »

2.建築家さがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/11540837

この記事へのトラックバック一覧です: 建築家選び:

« 建築家とのお見合い | トップページ | 本と間取り作成ソフト »