« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

梅の木は残った

1月中旬大阪での打合せで、福味さんは1階に母の居室と水周りとLDKを配置し、リビング機能の一部を2階吹抜けに隣接した場所に多目的室を設け、1・2階の面積バランスを取ったAとBの2つの間取り図を模型と共に準備頂いていた。

両案とも良い所があって甲乙つける事が出来ず、2つの案にそれぞれ私達の要望も加えて改良した間取り案を検討頂くことになった。


【A1. 5間×4間案
福味さんの設計で、
北と北東に2台の駐車スペース、間口5間で奥行4間の家。
1階北西に浴室と坪庭、西に母の居室と納戸、中央に北向き玄関、東にLDKを配置。
2階西に夫婦寝室・クロークと南西にベランダ、東に吹抜けと多目的室、北にトイレと納戸
延べ床面積30.5坪の案。納スペースが多く、2階多目的室から1階の居間を吹抜けを通じて見下ろせるのが特徴。

東側に庭を確保するため北側道路沿いの縦列駐車に、母の居室を風通し改善して、夫婦寝室を小さくしてクロークを倍のスペースに、多目的室を広くしてロフトをと改良をお願いする。

【A2. 5間x4間改良案1
北に2台の縦列駐車スペース、西向き玄関に変わり、お願いした点は解消されていたが、北西にあった浴室から眺める坪庭がなくなっているのが気にいらない。(^^;)

【A3. 5間x4間改良案2
北に2台の縦列駐車スペースを確保し、1階中央に北向き玄関で浴室北側の坪庭が復活した。家を1m南に寄せたため、南庭が狭くなった以外は延べ床面積29.5坪にうまく纏まっており、私は概ね満足。


【B1. 間口5.5間長方形案
竹原さんの設計で、
北に1台の駐車スペース、間口5.5間の家。
1階西にLDK、東南に母の居室、北東に浴室、中央東に北向き玄関。
2階西に多目的室と納戸・トイレ、中央に吹抜け、東に夫婦寝室・クロークとバルコニー
述べ床面積が34坪の案。

鬼門に浴室があるのは駄目、母の居室は仲の良い西の隣家側にしてと母の注文が出た。それと私は知らなかったのだが、夜間路上駐車は自治会で禁止の申し合わせがあるので来客の事も考えて2台の駐車スペースがあった方が良いとの母からの提案も伝えた。

【B2. 間口5.5間長方形改良案1
北に2台の縦列駐車スペース、
1階北西に玄関、西に母の居室とトイレ、中央部分はキッチンが南側にあるLDK、東に納戸・洗面室、東南角に浴室、
2階は西に夫婦寝室・クローク、中央に吹抜け、東に多目的室と納戸
延べ床面積32.5坪の案。

2階にトイレ設置と1階東南角の浴室は北にずらし、納戸と洗面室を狭くして東南角には家事コーナーを設ける様お願いをする。

【B3. 間口5.5間長方形改良案2
B2案での私の要望を取り込んだ間取り。
1階のLDKにはいわゆるリビングセットは置かないと夫婦で決めていたので、中央のLDKの幅を半間狭くしても良いと考え、その作図もお願いした。

【B4. 間口5間案
竹原さんは半間狭める事には反対だったが、B3案で中央のLDKの幅を半間狭くし、延べ床面積30.5坪の案。


2月中旬、枚方の家でA3・B3・B4の3案を3人で検討した。
私はA・Bどちらの案も良いと思ったが、妻はB案がキッチンから隣の母の居室や、吹抜け2階には多目的室と夫婦寝室と気配が感じられ、動線が良いので使い易いと言う。

母はB案が30年間和んだ梅の木が残せそうなのも良いと妻に同意した。確かにA3案は梅を伐採しないといけない位置関係だ。私は2人が良ければそれで問題はない。LDKが狭いB4案で良いという事に意見がまとまった。

16080659左は今年の梅の花。私達夫婦は毎年母が送ってくれる梅の実は知っているが、この木が咲くのを始めて見た。
ぎりぎりで梅の木を残せそうと母は大満足。(^^)


この事を設計事務所での打合せで福味さんに伝えた。

福味さんは「B4案は強度面で不安があり、対策を考えてみる」と言われた。
私達からは2階はトイレ・クローゼット以外は間仕切りをしない事と、キッチンは南を背にして配置し、うしろの南窓はピクチャーウインドウ的に腰窓をと提案した。
以前H建築士が設計した家と同じキッチン配置で訪問時に「朝の光が当たり炊事が楽しい」と奥様が言われていた事が印象的で強く影響を受けている。(^^)

2階リビング総2階案から1ヶ月回り道をしてしまったが、基本的な間取りが決定し、設計監理契約を結ぶことになった。



ここまでで最初のメールから79通。

ps.その後の梅ノ木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »