« 梅の木は残った | トップページ | 福味さん設計の家訪問 »

間取り決定から

2月中旬に大阪での打合せで決定した基本間取りは、中央のLDK上に吹き抜けがあって、2階は西の夫婦寝室・クローゼットと、東の多目的室・トイレ・押入れを、吹抜け北上の渡り廊下でつながっていた。このため東西方向の水平強度が弱く、それを補強する構造設計が出来るかがポイントであった。

1週間経って福味さんから
 「西の寝室北上部から東のトイレ・押入れ上部までに幅5間×奥行1間(10畳)の小屋裏収納庫+ロフトを設けて、東西方向の水平強度を補強する」
という案がメールで送られてきた。
そしてロフトの北に窓をつけて排気できる様にし、南から北上への空気移動を考慮して片流れ屋根と勾配天井にした立面図が添付されていた。

基本間取り図では妻が欲しかったロフトは無かったが、収納は十分足りていてロフトはあきらめても良いと妻は言っていた。そのロフトが出来たし、北面上部の明かり取り窓は私の希望だったので、この案には私達夫婦は大満足。(^^) 

この後メールをやりとりして、各部の窓や扉や床材などの細部検討を進めて行ったが、写真画像も添付頂き、メールだけでも十分検討が出来たと評価している。

Photo福味さんからは、基礎のコストダウン案として左図の逆スラブ基礎が提案されてきた。
べた基礎で出る残土処分費がこの基礎は少なくて済み、基礎工事費を 1/4程度削減出来るというものだった。私は冬は寒そうだなというのが感想だったが、コストダウンになるなら実際にその基礎で造った家を見せて欲しいと要望して、その基礎上のリビングをタイル仕上げした家があり、3月に見学できるか施主に尋ねて頂く事になった。

この時期に妻が一番熟慮していたのはキッチン。キッチンは間仕切らずアイランドタイプにし、IHヒーター設置と決めていたが、その他検討すべきことはいろいろあった。

①システムキッチンにするのか、システマないキッチンにするのか
②システムキッチンとするとメーカーがどこが良いのか
③カウンタートップは何を選択するのか
④パネルの色をどうするか
⑤排気は従来のレンジフードにするかグリーンハイキにするか
食器洗い機は自分の生活スタイルでは必要か
⑦排水口のトラップ形状は浅型が主流だが、ゴミ詰まりは無いのか
などなど。

横浜にあるキッチンメーカー8社(松下・TOTO・INAX・クリナップ・サンウェーブ・タカラ・ミカド・ベルテクノ)のショールームを顔見知りになるくらい何度も訪問して判ったのは、どこのメーカーもそれぞれ良さがあって、どこのものが良いという程の差は無く、選び手が何を重視するのかが大事と感じた。

妻が最重視しているのは上記の⑦項であるという事だった。最近流行の細かい網目の浅型トラップはシンク下の収納容量は増えるが、「すぐに目詰まりであふれる」とご近所でキッチンをリフォームした方から聞いていた妻は、その事が一番気になった様だ。その対策をしているのはS社の新タイプしかなく、妻のキッチン選択は一件落着した。



最初からここまでの総メール件数は110通。
にほんブログ村 住まいブログへ

|

« 梅の木は残った | トップページ | 福味さん設計の家訪問 »

3.着工まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/11927575

この記事へのトラックバック一覧です: 間取り決定から:

« 梅の木は残った | トップページ | 福味さん設計の家訪問 »