« 福味さん設計の家訪問 | トップページ | 住宅性能設計 温熱環境等級 »

住宅性能設計 耐震等級

住宅性能表示制度の等級検討をして、建築設計依頼書に盛り込んで福味建築士に伝えたのは、温熱環境等級 4、空気環境等級 3、高齢者等級 3、その他 1 というものだった。福味さんからは耐震等級と温熱環境等級について目標値を変えたいと提案がきた。

間取りが決定後、福味さんから
 「耐震等級は3を目指したいです。今後30年以内に大地震の発生確率が80%との報を聞けば、水平構面に対して何の考慮もしなくて良い等級1では心もとなく、構造等級だけはワガママを通させて頂きたいです。」と福味さんからメールがきた。

姉歯事件の様に建築基準法も守らないのは困るが、阪神大震災でも倒壊しないという現行の建築基準法準拠である等級1で十分なのではと私は思っていた。必要以上の等級でコストアップになるのも避けたいので「等級1から3に上げるために必要なコストはどうなのでしょうか」と尋ねてみたら、

福味さんから次の回答がきた。
 「等級1と3を比較した場合、コストアップの要因になるのは、まずは2階床面の剛性です。通常の床面ですと構造用合板を「川の字打ち」に止めますが、剛性を高める為に今回は「四周釘打ち」で止めます。このコストアップは4万5千円程度です。

次に耐力壁の増減による等級1と等級3の価格差ですが、耐力壁の配置バランス設計をしていますので、現在の耐力壁配置が大幅に崩れない限り、価格差はありません。」

そういう事なら、ぜひとも建築基準法の1.5倍の耐震等級3でお願いしたい。(^^)

にほんブログ村 住まいブログへ


|

« 福味さん設計の家訪問 | トップページ | 住宅性能設計 温熱環境等級 »

3.着工まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/17859904

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅性能設計 耐震等級:

« 福味さん設計の家訪問 | トップページ | 住宅性能設計 温熱環境等級 »