« 工務店選定とVE | トップページ | 解体と地質調査 »

電気式生ごみ処理機

05090335横浜市では「横浜G30プラン」で生ごみの減量に取組み、家庭用電気式生ごみ処理機の購入助成をしている。
購入額の2分の1か2万円のどちらかを上限として、横浜市内に住む者が市内で購入する事を前提にして申請すると助成してくれる仕組み。
これを利用しようと5月始めにメールで申し込んだ。募集台数が2000台で当選しないかなと思っていたが、5月下旬に当選通知がきた。早速当選通知を持って近所の大型電気店で購入したのはナショナルの「MS-N22」。最大処理量が2kgで温風で乾燥するタイプ。
これをマンションベランダの隅に置いて使っている。

使用当初からキューキューと異音がしていたが、そんなものだろうと思っていた。
しかし、だんだん大きな音になり、メーカーの苦情受付に電話した。「購入店に持ち込んでいただけませんか」との回答で購入店に持ち込む。10日ほどで「修理完了」との連絡を受けた。修理は「ファンの取替え」となっていて、その後は全く異音の発生はない。

04201458
生ごみを入れたところ

05090210処理後7分の1程度に減量し、香ばしい臭で悪臭はなく、この夏は生ゴミ処理に役立った。
新居ではタイマーにより深夜電力利用で使うつもり。
他の自治体も助成制度があるが、助成金額や募集台数は横浜市ほど多くは無い。横浜市は18年度5月の募集の他に9月~10月12日までの2回募集している。

ps.転居後の生ごみ処理機については「>生ごみ処理機その後」を参照ください。

にほんブログ村 住まいブログへ


|

« 工務店選定とVE | トップページ | 解体と地質調査 »

6.設備&道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/12158442

この記事へのトラックバック一覧です: 電気式生ごみ処理機:

« 工務店選定とVE | トップページ | 解体と地質調査 »