« 上棟 | トップページ | 木工事&基礎断熱 »

片流れ屋根工事

020940588月1日には足場が仮設され、屋根などの木工事が始まったのを見届けて、横浜に戻った。






97221004_89s8月4日、福味さんが写された現場写真。
野地板(杉板)の上に構造用合板と気密シートを貼り、垂木が取付けされている。
垂木間に厚さ40mm×2のネオマフォームがはめ込まれる。
写真の屋根後方の家群は30年前には緑豊かな山であった。(^^;)


98473814_1818月8日、福味さんが写された現場写真。
ネオマフォームの上に構造用合板、遮音のための耐水プラスターボード、ルーフィングが貼られ、折板支持金具が施工されている。工事進行が速い。




133739片流れ屋根には銀色のガルバリウム鋼板の折板が貼られて盆休みとなる。
写真は8月23日現場に行った時に撮ったが、大工さんはロフトに案内してくれて、
「この屋根工事は野地板から折板の施工まで、暑い中で正直非常にきつかった。でも屋根が出来てから、このロフトが一番涼しい。屋根の断熱が効いていると思うが、この時期こんなに涼しい現場ははじめて」
と言っていた。野地板の杉板を表しにした天井を触ってみても確かに熱くないし、ロフトにいると下から北窓に抜ける風で涼しい。
試しに折板屋根の温度はと触ってみたが、熱くて飛び上がった。(^^)

105076927_1468月28日、現場監督の益田さんが撮ってくれた片流れ屋根完成写真。屋根のTOPには換気仕舞がされ、屋根下の空気が上部から抜けるようになっている福味さん得意の工法だ。
折板屋根は住宅にはあまり見かけない。私はSwannHouseで見せて頂き違和感も無かったし、軽量でコスト的にメリットがあり、屋根下の通気も出来るので、福味さんから提案された時には当然の様に賛成した。

ps.片流れ屋根は先に紹介した間取りソフトで3D表現は出来ない。プロバージョンだと可能のようだ。

完成した屋根の写真は外観のページを参照下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ


|

« 上棟 | トップページ | 木工事&基礎断熱 »

4.完成まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/12338532

この記事へのトラックバック一覧です: 片流れ屋根工事:

« 上棟 | トップページ | 木工事&基礎断熱 »