« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

左官工事

Sikkui1内壁下地材は写真の様に石膏ボードと合板が混在している。工務店選定とVEのページに書いた様に、この上にこだわりの薩摩中霧島壁ライトを左官屋さんが塗る予定だった。

が、担当の竹原さんから10月19日に
「現場を一目見た左官屋さんが、薩摩中霧島壁は石膏ボードと合板の湿度や温度に対する挙動差を吸収できないため、境で将来ヒビ割れすると看破された」と連絡が来た。石膏ボードや合板だけの壁もあるのだが、エアコン設置や水回りなどを考慮して混在している壁面が多い。調湿や吸臭効果を期待して薩摩中霧島壁を選んだが今頃言われても・・・・。トホホ。(^^;)

薩摩中霧島壁の施工マニュアルをじっくり読んでみると
「石膏ボードと合板が同じ仕上げ面にあると、色むらやクラックの恐れがありますので避けてください。見切り縁、目地などによる処理をしてください。」
と明記されている。見切り縁や目地はデザイン上難しい。(^^;)
これから薩摩中霧島壁をとお考えの方は下地材への配慮が重要。

最近は10軒の内1軒ほども内壁を塗り壁で施工する家がないため、経験不足であった事を正直に認められ、「次回現場での打合せ迄には左官屋さんと打開策を考えますので・・・」と竹原さんからお詫びメールが来た。
塗る前に指摘頂いた左官屋さんの見識は素晴らしく、ありがたい。

Sotokabe1内壁の薩摩中霧島壁ライトが保留になったので、外壁の左官工事が先になった。
写真は外壁はラス板+ラス網の上に左官工事でモルタルの下塗りがされている。





Sotokabe2_110月27日打合せのために横浜から枚方の現場に行ったら、外壁仕上げ塗りが完了していた。
仕上げ材はジョリパット。ヒビ割れの確率が低い材料で外壁に最適と竹原さんから勧められ、メーカーの東京ショールームに2回足を運んで色や仕上げを決めた。


打合せで、いかにも職人と見える左官屋さんが塗りサンプルを見せて調湿機能のある伝統的な自然素材である漆喰壁を提案された。漆喰壁は、石灰、フノリ(海藻の糊)、麻スサ(麻の繊維くず)を原料とする壁仕上げで、先に紹介した本「本質を暮らす贅沢な家」でも、著者が実際に使って良さを絶賛されている。

私も以前「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」を読んで漆喰壁にあこがれたが、漆喰を大壁で塗れる左官屋がいないと聞いていて、漆喰塗料カシヌールが現実的かと思っていた。今回担当された左官屋さんは40年のベテランで、「自信を持って漆喰を勧めます」ときっぱり仰る。私はこの左官屋さんの真摯な態度に接して、薩摩中霧島壁から漆喰壁に変更する事に同意した。

Sikkui211月4日には漆喰壁塗りが完了したと、左の写真を福味さん主催のmixiコミュニティに掲載頂いた。内装工事途中の写真だが、美しい白壁の様子。福味さんから、
「この左官屋さんは壁面の中央と端や角では微妙に粘度を変えて塗る優れた技量の持ち主」と聞いた。素晴らしい左官屋さんをアサイン頂いた吉岡木材さんに感謝。


にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »