« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ロールスクリーン

ロールスクリーンは横浜のマンションでも使って気に入っていたので、札幌在住時に家の近くに本社があって馴染みのあるニトリのチェーン式遮光ロールスクリーンを、全ての60cm幅の窓に引っ越してから自分で取り付けた。
05114927 05114951
左上の写真は既製の60cm幅ロールスクリーンを窓枠上部に取り付けたところ。
右上はロールスクリーンを半分降ろしたところ。

2階は小さな家を視覚的に広く見せるためにトイレ・クローゼットを除いて間仕切りが無く、寝室と多目的室とが中央の吹抜けと渡り廊下を挟んで見通せる。これは開放感があって大変気持ちが良いのだが、寝る時やホームシアターでプロジェクターを使う時には目隠しが出来るよう4箇所に遮光性ロールスクリーンを業者が設置する設計をしてもらっていた。

先に工務店選定とVEのページで書いたが、小さなコストダウン策を積み上げる必要が出てきたので、ロールスクリーンの設置見積り20万円をコストダウンするためDIYする事にして工事から削除してもらった。

しかし、吹抜け周りの4箇所のロールスクリーンは既製品には幅が合うものが無く、この時にはロールスクリーンキットというのを購入して、スクリーン生地は少し大きめの遮光性ロールスクリーン既製品の生地だけを利用すれば10万円程度節約できて、他のスクリーンとも色や材質が統一して良いかなと考えていた。

家が完成し、床のワックス塗りも終わり、ロールスクリーン設置の段階になった。

60cm幅ロールスクリーン購入時、ニトリのプルダウン式とチェーン式のウォッシャブル遮光ロールスクリーン既製品をまず1本づつ購入した。2本を分解してみると、どちらでも生地を取り出せて端部を切断すればロースクリーンキットの生地として利用可能だったが、チェーン式ならキットを注文しなくても寸法改造できそうと見当をつけた。

ロールスクリーンキットを使わなくても改造できれば、4箇所を2万円で済み、工事見積りよりも18万円も節約できるのでDIYのやり甲斐がある。(^^)

ロールスクリーン改造
05132411 05132903
①用意するものは、設置幅より広いロールスクリーンと金鋸とプラスドライバーと鋏。
②ロールスクリーンのチェーン側の側板をプラスドライバーで外して分解する。

19101217③フレーム・巻取りパイプ・ボトムパイプを
 金鋸でチェーン側を切断。
④スクリーン生地を鋏で切断。
⑤元通りに組み立てる。

切断寸法はいづれも同寸法で、
 ロールスクリーン幅 - 設置幅
(例) 176cm幅ロールスクリーンで設置幅169cmの場合は7cm切断する。
スクリーンの着脱やロールスクリーンの取り付けは商品の取扱説明書に従えば良い。

19102328 19135716
左上の写真は取り付け前の吹き抜け部の梁、
右上は169cmに寸法改造したロールスクリーン取り付け後

既製のままで14箇所、寸法改造して6箇所、安価にロールスクリーンの設置が終了した。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンターテーブル

22102915多目的室の南側壁面に業者の造作予定で担当の竹原さんがカウンターテーブル設計してくれていた。

このカウンターテーブルもコストダウンの対象としてDIYする事にした。


南壁面は3間幅で柱間は260cm。近くのホームセンターで、幅 50cm×長420cm×厚25mmの赤松集積材を購入して、ホームセンターのカット工房で260cmと160cmに切断してもらった。切断代金は50円。

260cmの方を多目的室のカウンタートップとして使い、残りの160cmのものは家事室のカウンターテーブルに使った。

カウンターの脚は最初はホームセンターで販売しているテーブル脚をと思ったが、本やアンプなどを収納したいので、3個のカラーボックスを両端と真ん中に置く構造とした。

あちこちのオームセンターや家具屋をさがして高さ70cm・幅45cm・奥行き30cmのものを2個と高さ70cm・幅20cm・奥行き30cmのもの1個を購入し、写真のように両端に幅45cmのものを開口部を内側にして置き、真ん中に幅20cmのものを配置した。

カウンタートップとカラーボックスは安直に両面テープで位置を固定した。

22102444テーブル中央の幅20cmのカウンターの上段の棚は各種リモコン。下段は文房具や本棚として使っている。

カウンターにも未晒し蜜蝋ワックスを塗ったので赤松の節目が美しい。


パソコン・プリンター・DVDレコーダー・サウンドシステム・電話などを置き、私の事務机として使い快適。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホームシアター

映像をプロジェクターで見る事が可能な様に多目的室の設計をしてもらっていた。

22103014スクリーンは当初ニトリのロールスクリーンで間に合わすつもりだった。
しかし、100インチのワイド画面にしたくなって、176cmの既製ロールスクリーンでは幅不足だ。

IZUMIのスプリングロールスクリーン・スーパーホワイトマットのIS-S100HDを購入して南壁面に約250cm幅のスクリーンを直付けした。

スクリーンは巻き上げ速度の調整機構が付いていて、衝撃音も無くスムースに巻き上げてくれ、光沢のないマット仕上げでナチュラルな落ち着いた映像を再現してくれてホームユースとして十分だ。

22102444 22102408
サウンドシステムNIRO 620。NIROは中道仁郎さんが起こした会社。ナカミチと聞いてピンとくる人はオーディオマニアかな。(^^)
620では出力は小さいかなと思ったが、3m強離れたソファーでも十分な音量で、CDやインターネットラジオもこれで聴けている。

STBやDVDレコーダーとアンプとはサラウンド対応で光デジタルケーブルでつないだ。

上左の写真は5個のコーン型を内蔵したサテライトスピーカー。
スピーカーが前面だけなのに擬似サラウンドを楽しめるナカミチの技術はすごい。上右の写真はサブウーファー。低音が心地よい。

22102543 15224956
プロジェクタPanasonic TH-AX100。液晶プロジェクターで「リビングの明るさでも鮮やかな高画質」という宣伝文句に釣られて買った。多目的室の隣は一階からの吹抜けで、ニトリのチェーン式遮光ロールスクリーンで仕切っているが、どうしても隙間から明り漏れがあるかもと考えて、輝度 2,000 lm&ハイコントラスト6,000:1 というのに魅かれた。
フルハイビジョンのAE-1000にも食指が動いたが入門者には高級かと断念した。

福味・竹原の両建築士と吉岡木材の社長をお招きして、ささやかな竣工パーティを行い、福味さんが出演されている関西ローカルTVの建物紹介番組ビデオを見たが、100インチ画面の映像は「想像以上の鮮明さ・臨場感・迫力」と皆さんに大好評だった。

テレビのハイビジョン番組やDVDで映画を毎日楽しんでいるが、一番喜んだのはアニメ映画を見るため泊り込みでやって来てくれる孫達かもしれない。(^^)

プロジェクターは臨時的だが棚板に乗せて梁に紐で結わえた。見た目不安定感はあるが1ヶ月近くこの状態で使っている。引越し荷物も片付いたので、そろそろ安定感のある固定方法に変更するつもり。

明るさとコントラストに魅かれて購入したAX100だが、普段はシネマモードで見ることが多く、ここまでの明るさは要らなかったかなというのが実感。

ps.NIRO MOVIEMOUSE について、二つの円盤??のページに書いています。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »