« カウンターテーブル | トップページ | 自転車置場 »

ホームシアター

映像をプロジェクターで見る事が可能な様に多目的室の設計をしてもらっていた。

22103014スクリーンは当初ニトリのロールスクリーンで間に合わすつもりだった。
しかし、100インチのワイド画面にしたくなって、176cmの既製ロールスクリーンでは幅不足だ。

IZUMIのスプリングロールスクリーン・スーパーホワイトマットのIS-S100HDを購入して南壁面に約250cm幅のスクリーンを直付けした。

スクリーンは巻き上げ速度の調整機構が付いていて、衝撃音も無くスムースに巻き上げてくれ、光沢のないマット仕上げでナチュラルな落ち着いた映像を再現してくれてホームユースとして十分だ。

22102444 22102408
サウンドシステムNIRO 620。NIROは中道仁郎さんが起こした会社。ナカミチと聞いてピンとくる人はオーディオマニアかな。(^^)
620では出力は小さいかなと思ったが、3m強離れたソファーでも十分な音量で、CDやインターネットラジオもこれで聴けている。

STBやDVDレコーダーとアンプとはサラウンド対応で光デジタルケーブルでつないだ。

上左の写真は5個のコーン型を内蔵したサテライトスピーカー。
スピーカーが前面だけなのに擬似サラウンドを楽しめるナカミチの技術はすごい。上右の写真はサブウーファー。低音が心地よい。

22102543 15224956
プロジェクタPanasonic TH-AX100。液晶プロジェクターで「リビングの明るさでも鮮やかな高画質」という宣伝文句に釣られて買った。多目的室の隣は一階からの吹抜けで、ニトリのチェーン式遮光ロールスクリーンで仕切っているが、どうしても隙間から明り漏れがあるかもと考えて、輝度 2,000 lm&ハイコントラスト6,000:1 というのに魅かれた。
フルハイビジョンのAE-1000にも食指が動いたが入門者には高級かと断念した。

福味・竹原の両建築士と吉岡木材の社長をお招きして、ささやかな竣工パーティを行い、福味さんが出演されている関西ローカルTVの建物紹介番組ビデオを見たが、100インチ画面の映像は「想像以上の鮮明さ・臨場感・迫力」と皆さんに大好評だった。

テレビのハイビジョン番組やDVDで映画を毎日楽しんでいるが、一番喜んだのはアニメ映画を見るため泊り込みでやって来てくれる孫達かもしれない。(^^)

プロジェクターは臨時的だが棚板に乗せて梁に紐で結わえた。見た目不安定感はあるが1ヶ月近くこの状態で使っている。引越し荷物も片付いたので、そろそろ安定感のある固定方法に変更するつもり。

明るさとコントラストに魅かれて購入したAX100だが、普段はシネマモードで見ることが多く、ここまでの明るさは要らなかったかなというのが実感。

ps.NIRO MOVIEMOUSE について、二つの円盤??のページに書いています。

にほんブログ村 住まいブログへ


|

« カウンターテーブル | トップページ | 自転車置場 »

6.設備&道具」カテゴリの記事

7.DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/13541261

この記事へのトラックバック一覧です: ホームシアター:

» ホームシアター構築 (初心者のための導入編①) [名画案内所]
ホームシアターで映画を観ると ほんとに感動しますので [続きを読む]

受信: 2007/02/09 20:16

« カウンターテーブル | トップページ | 自転車置場 »