« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »

オーニング

08092246吹き抜け南壁にある2mの縦長窓は、5月初旬には左の写真のように庇のおかげで上部約70cmまで日陰になっていて、日射は室内1階床に1.4mまで入ってきている。

日射角度の変化についてネットで調べると、夏至=78度、春分・秋分の日=54度、冬至=31度となっていて、夏至に縦長窓から室内へ陽が入らない様に設計されて屋根の庇が出ている。

ちなみに春分・秋分の日では3.6m、冬至には8mほど室内へ陽が入る計算となり、日射のおかげで冬は暖かく過せた。

上記の状態から計算すると5月初旬の日射角度は72度になり、夏至まで1ヶ月強で6度高くなっていき、室内に陽が指すことは少なくなっていくはず。

しかし、大阪で一番暑い8月初旬も夏至から1ヶ月強なので、5月初旬の日射角度と同じと推測でき、暑い時期に室内まで日射が入ることになる。

熱の逃げない高気密高断熱住宅では、夏場は日射を遮る対策がもっとも大事なので、南面の縦長窓は建築設計時にオーニング設置の予定だった。しかし建築見積もりが予算を上回ったので、コストダウンの一環として夏場にスダレを取り付ける事にしてオーニング設置を省いた。

実際に家が完成して眺めてみると、足場の無い5mの高さに梯子をかけてスダレを取り外しするのはちょっと怖い。(^_;)

福味建築士に相談し、やはりオーニング設置を依頼することになった。
福味さんが選ばれたオーニングはテンパル社の「プチシェイド」。
アームで支えられていて風にも安心で、室内からのリモコン操作でオーニングの開閉ができる小窓用で、2800mm幅の出幅が910mmというもの。

09092820 09115329
工事は2人作業で朝9時から昼食をはさみ15時に無事完了した。
左の写真は足場工事で手際よく30分で終了。
右の写真はオーニング設置工事で午前中にリモコン調整まで終わった。
午後は室内から壁に孔を開けての電気配線工事がされ、15時頃足場撤去。

11103305
オーニングを左写真位置まで伸ばすと、大阪ではまだまだ暑い秋分の日の日射角54度でも、縦長窓から陽が入らない計算になる。

建築完成後のオーニング設置は高所作業で足場など余分な費用が発生してしまうし、壁に電気配線が露出して見栄えも良くないので、予算をオーバーしても建築時にやっておくべき工事であった。

にほんブログ村 住まいブログへ  Saijiki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨水貯留タンク

庭木の水やりに水道水を使っていたが、高度な処理をした水の使い方としてはもったいない。住んでいる地域が集中浄化槽から公共下水道に変更されるにともない水道代単価が2倍になることもあって、雨水の有効利用にと雨水貯留タンクをDIYで設置した。

雨水貯留タンクは各社から販売されていて、補助金を出している市町村もあるようだ。

容量や寸法などを考慮してタキロンの雨水タンク 雨音くん200リットルタイプを先に書いた自転車置き場と同じく楽天市場のエクステリア専門店エクシーズに注文した。

この雨水貯留タンクはポリエチレン製で上部は取り外しできる蓋、下部には水栓や清掃用のドレン、満タンになってもオーバーフローしない集水継ぎ手がついている。

DIYといっても設置に1時間もかからない。(^^)

29095143 29100333 29100412

①縦樋のタンク上面と同じ高さに印をつけて、上に5cm下に7cmに切断ラインをつける。(写真左)
②のこぎりで縦樋を切断する。(写真中央)
③集水継ぎ手を切断した部分に入れる。(写真右)

29101502④集水継ぎ手とタンク間をホースでつなぎ、ホース接続部と反対側に付属のキャップをし、蓋を取り付ければ完成。

ホース接続は左右についている取水口のどちらかを選択できる。
準備するのは縦樋切断に使うのこぎりと取水口とキャップの止水用シーリング材だけでいたって簡単に設置できる。

ps.でんさんから雨水のオーバーフローについてお尋ねがありましたので付記します。

08175547a雨水は樋壁を伝って、左写真の集水継ぎ手の外周部に入り、継ぎ手側面のホース口よりタンクへ流れる。
タンク水面が継ぎ手中央のオーバーフロー面に達する(満タンになる)と、雨水は継ぎ手の中央より樋下部に落ち、タンクには流れない上手い構造です。
今までの経験では約2時間雨が降ると満タンになる。

続きを読む "雨水貯留タンク"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »