« 餌台(エサ台) | トップページ | 緑のカーテン »

室温と光熱費推移

11113622

入居してすぐの2006年12月から床下・1階・2階・ロフトの4箇所にSATO-Iデジタル温湿度計 PC-7700を置いて1ヶ月間の最高最低室温を記録したが、2007年2月にHDDクラッシュによりデータを消失した。2月から2008年1月までの1年間のデータは以下の通り。
何かの参考になればと思います。

       床下    一階    二階    ロフト  電力料
      max min max min max min max min
2007年02月 22 18  24 15  24 15  25 13  18,696
2007年03月 22 16  23 14  22 16  22 12  16,829
2007年04月 18 16  23 16  23 15  24 15  13,074
2007年05月 20 17  26 19  27 21  28 18   9,930
2007年06月 23 20  30 22  29 24  31 22   9,553
2007年07月 25 22  31 24  31 24  32 25   9,702
2007年08月 27 25  33 25  33 25  35 25  10,368
2007年09月 25 23  31 22  32 22  32 22   8,934
2007年10月 22 21  26 19  27 19  27 18   8,943
2007年11月 23 19  23 16  24 15  23 14  11,179
2007年12月 22 17  23 16  22 15  21 13  15,828
2008年01月 21 16  23 15  22 13  22 13  20,378

  • オール電化住宅なので光熱費は電力料だけで上記は30日換算値。
  • 室温は毎月1日に前月分を記録しているが、電力会社の検針は毎月23日あたりなので少しずれている。
  • 最高・最低室温はたとえ1回でも発生すれば1ヶ月の値となっている

  • 暖房は、11月から3月末まで毎朝1階のエアコンと床下に1KWの遠赤外線ヒーター3台を4時半から2時間夜間電力で自動運転。 1階エアコンは更に食事時などに、2階のエアコンは適宜使用。シーリングファンは就寝時以外ほぼ常時使用。
  • 冷房は、2007年は残暑が厳しかったのに、8月と9月の夕食時に 2時間程度エアコンを使用したが、昼間使用したのは8月中旬に4回程度で済み、夏場の電力料は意外に上がらなかった。ご近所と比べて涼しかったが、温熱等級4なのと、1階からロフトへの気流設計・オーニング循環ファンが効いたと思う。

  • 床下温度は他の箇所と比較してバラツキ幅が小さい。夏場は床下冷気を循環ファン(三菱電機 カウンターアローファン V-200CR-D)でロフトまで上げていたが、これもエアコン使用が少なかった要因。このファンは風向を可逆切り替えできるので、冬場には日射で室温が20度以上になった日はロフトの暖気を床下へ送っている。4月は床下の暖房も循環ファンも使用しなかったので最高温度が一番低い。
  • 床下以外はガラス窓がペアグラスでも断熱性能が床下と比べて良くないので外気の影響を受けている。

にほんブログ村 住まいブログへ  Saijiki

|

« 餌台(エサ台) | トップページ | 緑のカーテン »

8.完成後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/17921004

この記事へのトラックバック一覧です: 室温と光熱費推移:

« 餌台(エサ台) | トップページ | 緑のカーテン »