左官工事

Sikkui1内壁下地材は写真の様に石膏ボードと合板が混在している。工務店選定とVEのページに書いた様に、この上にこだわりの薩摩中霧島壁ライトを左官屋さんが塗る予定だった。

が、担当の竹原さんから10月19日に
「現場を一目見た左官屋さんが、薩摩中霧島壁は石膏ボードと合板の湿度や温度に対する挙動差を吸収できないため、境で将来ヒビ割れすると看破された」と連絡が来た。石膏ボードや合板だけの壁もあるのだが、エアコン設置や水回りなどを考慮して混在している壁面が多い。調湿や吸臭効果を期待して薩摩中霧島壁を選んだが今頃言われても・・・・。トホホ。(^^;)

薩摩中霧島壁の施工マニュアルをじっくり読んでみると
「石膏ボードと合板が同じ仕上げ面にあると、色むらやクラックの恐れがありますので避けてください。見切り縁、目地などによる処理をしてください。」
と明記されている。見切り縁や目地はデザイン上難しい。(^^;)
これから薩摩中霧島壁をとお考えの方は下地材への配慮が重要。

最近は10軒の内1軒ほども内壁を塗り壁で施工する家がないため、経験不足であった事を正直に認められ、「次回現場での打合せ迄には左官屋さんと打開策を考えますので・・・」と竹原さんからお詫びメールが来た。
塗る前に指摘頂いた左官屋さんの見識は素晴らしく、ありがたい。

Sotokabe1内壁の薩摩中霧島壁ライトが保留になったので、外壁の左官工事が先になった。
写真は外壁はラス板+ラス網の上に左官工事でモルタルの下塗りがされている。





Sotokabe2_110月27日打合せのために横浜から枚方の現場に行ったら、外壁仕上げ塗りが完了していた。
仕上げ材はジョリパット。ヒビ割れの確率が低い材料で外壁に最適と竹原さんから勧められ、メーカーの東京ショールームに2回足を運んで色や仕上げを決めた。


打合せで、いかにも職人と見える左官屋さんが塗りサンプルを見せて調湿機能のある伝統的な自然素材である漆喰壁を提案された。漆喰壁は、石灰、フノリ(海藻の糊)、麻スサ(麻の繊維くず)を原料とする壁仕上げで、先に紹介した本「本質を暮らす贅沢な家」でも、著者が実際に使って良さを絶賛されている。

私も以前「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」を読んで漆喰壁にあこがれたが、漆喰を大壁で塗れる左官屋がいないと聞いていて、漆喰塗料カシヌールが現実的かと思っていた。今回担当された左官屋さんは40年のベテランで、「自信を持って漆喰を勧めます」ときっぱり仰る。私はこの左官屋さんの真摯な態度に接して、薩摩中霧島壁から漆喰壁に変更する事に同意した。

Sikkui211月4日には漆喰壁塗りが完了したと、左の写真を福味さん主催のmixiコミュニティに掲載頂いた。内装工事途中の写真だが、美しい白壁の様子。福味さんから、
「この左官屋さんは壁面の中央と端や角では微妙に粘度を変えて塗る優れた技量の持ち主」と聞いた。素晴らしい左官屋さんをアサイン頂いた吉岡木材さんに感謝。


にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壁断熱工事と気密測定

106866348_11906142554

9月になって壁の構造用合板の外側には気密テープで気密補強をされて(左の写真)、その上から透湿防水シートが貼られている。(右の写真)
上棟のページに書いた基礎パッキンを巻き込んだ気密シートは透湿防水シートの下に挟み込まれている。外壁は通気工法なので、今後透湿防水シートの上に通気用胴縁+ラス板+ラス網が貼られて、左官工事に進む。

MadodanetuDannetu

間柱とサッシュとの隙間(左の写真)や勾配天井と桁の取り合い(右の写真)には、気密性と断熱確保のため発泡硬質ウレタンフォームが充填されている。
全てのサッシュは断熱性能を高めるため樹脂サッシュ+ペアガラス。ガラスについては当初遮熱Low-Eを多用した仕様だったが、コストと熱損失係数Q値を計算して頂いて、コストパフォーマンスからペアガラスに決まった。

Grass_1109939244_83

壁にはマットエース16(耳長袋入りグラスウール16K)100mmが充填断熱施工されている。グラスウール袋には防湿面とそうでない面があり、防湿面を室内側にして耳長の耳を柱に釘打ちされる。(左の写真)

9月9日、壁の仕上げ下地材や床フローリング(無垢の唐松)を貼る前の段階で気密測定が行われた。(右の写真)
 「測定結果はC値が1.3c㎡/㎡でした。まだ玄関ドアの下がスカスカの状態で、この数値は驚異的だと検査員の方は仰ってました。」と福味さんから知らせが入った。

C値は相当隙間面積の事で、低いほど風や温度差による影響を少なくし、熱損失を抑えるという指数。住宅性能設計のページに書いた様に温暖な関西ではC値は5.0以下であれば温熱環境等級4は合格する。

1.3c㎡/㎡という数値は寒冷地の北海道でも次世代省エネ基準の温熱環境等級4(C値=2.0c㎡/㎡)に合格する値で期待以上の出来だ。福味さんが細かく大工さんに指示された結果と思う。今後、内装工事や玄関ドア下の工事をやると更に隙間が減ると思われる。

12日には住宅性能評価機関による断熱工事の検査があり、「合格」との連絡メールを担当の竹原さんから頂き、私がこだわった性能基準で温熱環境等級4のハードルを越えた事になる。福味さん、ありがとうございました。(^^)

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

木工事&基礎断熱

Kouzoukennsa盆休み前、構造・使用材料等について3つの検査機関の検査が行われた。8月10日に住宅性能評価機関、11日に住宅保証機構と建築基準法に基づく検査だ。
写真は福味さんが撮影頂いたのは、建築基準法に基ずく検査の様子で、
「柱一本一本、接合金物のビスの数までを手を抜かず丹念にチェックされていました。無事合格です。」と連絡頂いた。

上棟後、福味さんの主催で竹原さん・現場監督の益田さんと私が情報共有のため工事に関する連絡をmixiのコミュニティを利用して行うようになった。

130146盆あけの8月23日に枚方の現場を見に行ったら、外壁や床下地材の構造用合板筋交い火打ちの木工事が完了していた。
床は根太レス工法
写真は一階から間柱や筋交いと2階の床下地材の構造用合板。



130910写真は一階リビングから吹抜け上のロフト・天井を見たところ。南から北への勾配天井は野地板を表しにしてもらったが、天井の杉板が北窓からの光で美しい。






135220この家はボード気密工法で丁寧な構造用合板の釘打ちが重要だ。が、福味さんが以前から心配されていた様に関西の大工さんの気密に対する意識は高くない。
写真は通し柱への構造用合板の受け材が桁まできちんと届いていない事と合板が通し柱にぴたっと着いていないために上部隅に隙間が出来ている所があった。

134904写真は構造用合板の節抜けなのか孔が空いたまま施工されているものがあった。





135624写真は打ち損じた釘が出ている。

これらは福味さんが再点検して、専門業者による発泡硬質ウレタンフォーム充填や、釘を内側からカットの指示をして頂いたが、大工さんがきちっと施工していたなら、その様な余分な補修工事は不要だったと思っている。

Kiso基礎断熱はシロアリ被害に配慮して内貼り断熱。
スタイロフォーム(押出法ポリスチレンボード3種)50mmを基礎立ち上がりからベース部1mと基礎および枝部の立ち上り壁に張り巡らす断熱工事がされ、基礎と土台の間には内側からも発泡硬質ウレタンフォームを充填して気密向上対策がされていた。



にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片流れ屋根工事

020940588月1日には足場が仮設され、屋根などの木工事が始まったのを見届けて、横浜に戻った。






97221004_89s8月4日、福味さんが写された現場写真。
野地板(杉板)の上に構造用合板と気密シートを貼り、垂木が取付けされている。
垂木間に厚さ40mm×2のネオマフォームがはめ込まれる。
写真の屋根後方の家群は30年前には緑豊かな山であった。(^^;)


98473814_1818月8日、福味さんが写された現場写真。
ネオマフォームの上に構造用合板、遮音のための耐水プラスターボード、ルーフィングが貼られ、折板支持金具が施工されている。工事進行が速い。




133739片流れ屋根には銀色のガルバリウム鋼板の折板が貼られて盆休みとなる。
写真は8月23日現場に行った時に撮ったが、大工さんはロフトに案内してくれて、
「この屋根工事は野地板から折板の施工まで、暑い中で正直非常にきつかった。でも屋根が出来てから、このロフトが一番涼しい。屋根の断熱が効いていると思うが、この時期こんなに涼しい現場ははじめて」
と言っていた。野地板の杉板を表しにした天井を触ってみても確かに熱くないし、ロフトにいると下から北窓に抜ける風で涼しい。
試しに折板屋根の温度はと触ってみたが、熱くて飛び上がった。(^^)

105076927_1468月28日、現場監督の益田さんが撮ってくれた片流れ屋根完成写真。屋根のTOPには換気仕舞がされ、屋根下の空気が上部から抜けるようになっている福味さん得意の工法だ。
折板屋根は住宅にはあまり見かけない。私はSwannHouseで見せて頂き違和感も無かったし、軽量でコスト的にメリットがあり、屋根下の通気も出来るので、福味さんから提案された時には当然の様に賛成した。

ps.片流れ屋根は先に紹介した間取りソフトで3D表現は出来ない。プロバージョンだと可能のようだ。

完成した屋根の写真は外観のページを参照下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上棟

281804167月28日(金)夕方に立ち寄ったら、基礎パッキン+気密シートの上に桧12cm角の土台が取り付けられ、屋根用断熱材ネオマフォームが搬入されていた。
これなら明日29日の上棟は予定通りか。




31172807気密シートは基礎パッキンの下に敷かれており、今後外壁の防水シートを貼る時に構造用合板との間に巻き込んで気密性を持たせる。
耐震強度向上のため基礎立ち上げには換気口は無く、床下空間は屋内と同じ環境となるのでシックハウス症に配慮して防腐剤や防蟻剤の塗布はしない。べた基礎なので屋内でのシロアリ被害の確率は低いが点検は必須と考えて、基礎高は500mmにして頂いたので、有効床高は570mm。この高さならなんとか潜り込んで点検や掃除ができるかな。(^^)

291110457月29日(土) 昼前に行ったら通し柱が立ち、一階の間柱や梁の工事が進行中。木材はプレカットされているので工事の進行は速い。
朝から天気も良く、8時から頑張ってくれたお陰で、夕方には無事上棟の運びとの事だったが、午後からの雷雨で工事は3時間の中断。トホホ・・・。


29165858「5時頃に来て」と言われ、近くのホームセンターで時間をつぶして行ってみた。雨がウソみたいに晴れ、大工さん達が2階部分を組み上げていた。が、3時間の中断で上棟はこの日には間に合わない。福味さん・吉岡さんと話し合い延期する事になった。長女家族も上棟式に駆けつけてくれていたのだが・・・・。(^^;)


311720217月31日(月) の17時にはロフト部の柱も建ち、二階やロフト床の構造用合板と一部屋根の野地板(杉板)が打ち付けられていた。
早速、仕切りなおしの上棟式が始まった。




P73100260004工務店の吉岡さんと私達夫婦が、家の四隅を塩・小豆・洗い米・酒の順で清め、福味さんの司会で吉岡さんが準備頂いた御幣に向かって集まった関係者が二礼、二拍、一礼して工事の無事を祈願した。
上棟式後に本来宴会となるのだが、昨今の酒気帯び運転事件や梅雨時の食当たりを考慮して、私から寸志とお供物のお酒などを皆様に持ち帰り頂いて、宴会は省略させて頂いて無事上棟は終了した。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

基礎工事

7月14日から地盤改良工事や根ぎりが始まったが、例年にない長雨と豪雨で工事が予定通り捗らなかった。普通なら十分間に合うはずの上棟までの工事日程を、福味さんや吉岡さんは手順調整をして、ギリギリ月末の上棟にこぎつけて頂いた。

Cimg093500017月21日、住宅保証機構住宅性能表示評価機関による基礎配筋検査が行われた。
写真は、防湿シート上に組まれた配筋。
「2つの検査機関の検査は無事合格しましたが、翌日が雨の天気予報でベースのコンクリート打設を23日に延期を指示しました」と福味さんから連絡メールがきた。


ウェザーニュースで枚方市のピンポイント天気予報を毎日見ていたが、連日雨マークで工事進行が気懸かり。「祭日の17日も基礎工事屋さんが配筋工事を大雨の中頑張っていた」とお隣さんから電話で母に知らせてきていた。

Photo_1基礎はべた基礎
7月23日、予報通り天候が回復して、基礎全面に敷かれた防湿シート上にベース部のコンクリート打設が無事終了。
写真は23日18時頃の様子。まだ表面も乾いていない。



P72500197月25日、基礎立ち上がりのコンクリート打設。コンクリートミキサー車から型枠に流し込んでいる。

ここまでの写真は福味さんからメールで送って頂いた。




1171726_img7月26日夕、妻が和歌山での法事で立ち寄って写した。基礎には雨に備えてシートで覆われていた。
建築基準法施行令の規定では、気温が15℃以上なら2日の養生期間を取れば大丈夫ということなので、天候が良ければ29日にぎりぎり上棟工事が出来そう。






ここまでのメールのやりとりは最初から346通。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解体と地質調査

1916335535年前に結婚を機会に知り合いの大工さんに建ててもらった家の解体は7月3日(月)から始まったが、母の荷物を引越しして母と私達夫婦は横浜に戻ったので、この家を壊される悲しい姿を見ずに済んだ。



解体費用は述床面積1坪あたり約4万円だったが、この家には30年間使われることも無く主の帰りを待っていたアマ無線アンテナ用クランクアップタワー撤去も含んでいる。これが無ければ3.6万円/坪というところか。

1161654_img解体自体は3日間で終了したが、廃材の分別には4日間もかかったようだ。「解体工事中は雨で砂ほこりも無かった」とお隣から母への電話で聞いた。梅雨時期だったのが幸いした。
写真は7月8日(土)朝に長女夫婦が現場で撮ってメールしてくれたが、木材の廃材だけを選別してトラックに積んでいる。


P71200047月10日には分別した廃材の搬出も全て終わり、7月11日には梅の木などを残してすっかり更地にされていた。






P71200017月12日にスウェーデン式サウンディング試験による地盤調査が行われた。調査結果はどの測定地点も75cm下が非常に固く、西側の土壌は東側より表層50cmが柔らかいというものだった。このままでも建築はOKとの事であったが、念のため西側に簡単な地盤改良工事をしてもらうことになった。



にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)