オーニング

08092246吹き抜け南壁にある2mの縦長窓は、5月初旬には左の写真のように庇のおかげで上部約70cmまで日陰になっていて、日射は室内1階床に1.4mまで入ってきている。

日射角度の変化についてネットで調べると、夏至=78度、春分・秋分の日=54度、冬至=31度となっていて、夏至に縦長窓から室内へ陽が入らない様に設計されて屋根の庇が出ている。

ちなみに春分・秋分の日では3.6m、冬至には8mほど室内へ陽が入る計算となり、日射のおかげで冬は暖かく過せた。

上記の状態から計算すると5月初旬の日射角度は72度になり、夏至まで1ヶ月強で6度高くなっていき、室内に陽が指すことは少なくなっていくはず。

しかし、大阪で一番暑い8月初旬も夏至から1ヶ月強なので、5月初旬の日射角度と同じと推測でき、暑い時期に室内まで日射が入ることになる。

熱の逃げない高気密高断熱住宅では、夏場は日射を遮る対策がもっとも大事なので、南面の縦長窓は建築設計時にオーニング設置の予定だった。しかし建築見積もりが予算を上回ったので、コストダウンの一環として夏場にスダレを取り付ける事にしてオーニング設置を省いた。

実際に家が完成して眺めてみると、足場の無い5mの高さに梯子をかけてスダレを取り外しするのはちょっと怖い。(^_;)

福味建築士に相談し、やはりオーニング設置を依頼することになった。
福味さんが選ばれたオーニングはテンパル社の「プチシェイド」。
アームで支えられていて風にも安心で、室内からのリモコン操作でオーニングの開閉ができる小窓用で、2800mm幅の出幅が910mmというもの。

09092820 09115329
工事は2人作業で朝9時から昼食をはさみ15時に無事完了した。
左の写真は足場工事で手際よく30分で終了。
右の写真はオーニング設置工事で午前中にリモコン調整まで終わった。
午後は室内から壁に孔を開けての電気配線工事がされ、15時頃足場撤去。

11103305
オーニングを左写真位置まで伸ばすと、大阪ではまだまだ暑い秋分の日の日射角54度でも、縦長窓から陽が入らない計算になる。

建築完成後のオーニング設置は高所作業で足場など余分な費用が発生してしまうし、壁に電気配線が露出して見栄えも良くないので、予算をオーバーしても建築時にやっておくべき工事であった。

にほんブログ村 住まいブログへ  Saijiki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生ごみ処理機 その後

20132222 23110442
横浜市の助成で購入した電気式生ごみ処理機は転居後、予定通りシステムキッチン下の空間に収めて、タイマーにより安い深夜電力を利用して処理した。(写真左)

処理後の乾燥ごみは当初は庭に穴を掘って埋めていたが、近所の猫が香ばしい臭いに誘われて来て荒らすので、ホームセンターで購入した小さなコンポスト容器を置いて、乾燥ごみは中へ捨てて堆肥化した。(写真右)
コンポスト容器の使い方解説はこちら

20142027 20142107
深夜の使用は電気代が安くて良いのだが、処理量が多い時吹き抜けから2階まで上がってくる騒音が気になって睡眠を妨げる事が何度かあった。

屋外に出そうと考え、木製ワイドストッカー WH-970を購入し、組み立てて、庭の屋外コンセントのある壁際に置いて(写真左)、生ごみ処理機を入れて使うように変更した。(写真右)
この木製ワイドストッカー天板には、ポリエチレンシートが付いているので雨漏りを防いでくれている。

この組み立てに使った道具は、充電ドリルドライバーだけ。ラティス組み立てにも活躍してDIYには定番品だ。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

二つの円盤??

26095927一つ目は フローリング用掃除ロボット ROBOMOP

福味さんが「面白いものを見つけました」と持参頂いた。それは、ノルウェーで発明された部屋の中を縦横無尽に動き回り、フローリングを掃除してくれる低価格で画期的な掃除ロボットで、中央のロボティックボールが不規則な動きで動き回り、円盤型のロボモップフレームに装着したダストシートが「埃」「髪の毛」「ダニ・ノミ」「糸クズ」等をしっかり吸着してくれるという優れもの。

福味さんから頂いた時はおもちゃかというのが正直な感想。動かしてみると、あっちに行ったりこっちに来たり、まるでペットに様に可愛い動きをする。(^^)

普段フローリングの掃除は掃除機やモップでしていて、こんなもので掃除が出来るのかと思ったが、階段などから飛び出さないように障害物を置いて、1時間タイマーをセットして外出中稼動させてみた。帰宅してみると、ダストシートには髪の毛やホコリがベッタリ。フローリングはピカピカ光っている。

大きなゴミや隅の掃除には適さないが、モップ掛けの代わりには十分で大いに役立っている。室内犬などのペットがいる家のフローリング掃除には特に有用かとお勧め。


26100642二つ目はNIRO MOVIEMOUSE

ホームシアターのページに書いたようにサウンドシステムはNIRO 620。
普段はこれで十分大画面サラウンドを楽しんでいるが、吹抜け下の一階まで音が響き家族に迷惑をかける。かといって音量を絞るとサラウンド効果が少ない。

「深夜に隣室、隣家へ気兼ねすることなく本格的な5.1チャンネルが楽しめる」という謳い文句のMOVIEMOUSEが安価にキャンペーン提供とNIROからPRメールがきたので、早速購入して手元の近くに(50cm~1m)置いて使ってみた。これを使う時はサテライトスピーカーやサブウーファーは同時には使えないので、低音の響きを楽しむという訳には行かないが、澄んだ音質でサラウンドを再生してくれた。

MOVIEMOUSEは5個のスピーカーを内蔵し、上部のスピーカーはセンタースピーカー、奥側左右の2個はフロントサラウンドを、手前の左右2個は後方のサラウンドをバーチャルで再生するという。壁面への音反射を一切考慮する必要が無いので一人でサラウンドを楽しむのに最適だ。

非常に素晴らしいスピーカーだが、残念なことにNIROホームシアターに付属して使う事が前提の製品で、単独で使えるのなら喜ぶユーザーがいるのではと感じた。


にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームシアター

映像をプロジェクターで見る事が可能な様に多目的室の設計をしてもらっていた。

22103014スクリーンは当初ニトリのロールスクリーンで間に合わすつもりだった。
しかし、100インチのワイド画面にしたくなって、176cmの既製ロールスクリーンでは幅不足だ。

IZUMIのスプリングロールスクリーン・スーパーホワイトマットのIS-S100HDを購入して南壁面に約250cm幅のスクリーンを直付けした。

スクリーンは巻き上げ速度の調整機構が付いていて、衝撃音も無くスムースに巻き上げてくれ、光沢のないマット仕上げでナチュラルな落ち着いた映像を再現してくれてホームユースとして十分だ。

22102444 22102408
サウンドシステムNIRO 620。NIROは中道仁郎さんが起こした会社。ナカミチと聞いてピンとくる人はオーディオマニアかな。(^^)
620では出力は小さいかなと思ったが、3m強離れたソファーでも十分な音量で、CDやインターネットラジオもこれで聴けている。

STBやDVDレコーダーとアンプとはサラウンド対応で光デジタルケーブルでつないだ。

上左の写真は5個のコーン型を内蔵したサテライトスピーカー。
スピーカーが前面だけなのに擬似サラウンドを楽しめるナカミチの技術はすごい。上右の写真はサブウーファー。低音が心地よい。

22102543 15224956
プロジェクタPanasonic TH-AX100。液晶プロジェクターで「リビングの明るさでも鮮やかな高画質」という宣伝文句に釣られて買った。多目的室の隣は一階からの吹抜けで、ニトリのチェーン式遮光ロールスクリーンで仕切っているが、どうしても隙間から明り漏れがあるかもと考えて、輝度 2,000 lm&ハイコントラスト6,000:1 というのに魅かれた。
フルハイビジョンのAE-1000にも食指が動いたが入門者には高級かと断念した。

福味・竹原の両建築士と吉岡木材の社長をお招きして、ささやかな竣工パーティを行い、福味さんが出演されている関西ローカルTVの建物紹介番組ビデオを見たが、100インチ画面の映像は「想像以上の鮮明さ・臨場感・迫力」と皆さんに大好評だった。

テレビのハイビジョン番組やDVDで映画を毎日楽しんでいるが、一番喜んだのはアニメ映画を見るため泊り込みでやって来てくれる孫達かもしれない。(^^)

プロジェクターは臨時的だが棚板に乗せて梁に紐で結わえた。見た目不安定感はあるが1ヶ月近くこの状態で使っている。引越し荷物も片付いたので、そろそろ安定感のある固定方法に変更するつもり。

明るさとコントラストに魅かれて購入したAX100だが、普段はシネマモードで見ることが多く、ここまでの明るさは要らなかったかなというのが実感。

ps.NIRO MOVIEMOUSE について、二つの円盤??のページに書いています。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

可動ルーバー&ブラインドインサッシュ

20094304 20092359
一・二階南側の掃きだし窓には閉めたまま風や光を取り込める可動ルーバー雨戸を設置してもらった。
20094658 20094813
雨戸の上下別々に室内側の操作レバーでルーバー角度を90度まで自由に変えられるので便利。全閉にすると光は入らない。ルーバーを開けた状態では雨戸を開閉する事は出来ないのと、残念ながらアルミ製で断熱戸ではない。(写真は室内障子に陽がさした様子 左は両方の戸のルーバーを開、右は半分ルーバーを全閉)

03154930 20093537
20093510通気性、採光性を確保しながら日射や目隠し対策を可能にする可動ルーバー面格子を一・二階西側の窓に夏の西日対策で設置してもらった。ルーバーは90度まで開き、室内側レバーで簡単に操作出来る。可動ルーバー雨戸と違う点は横に収納する事はできない事。
(上左は西からの外観、上右は室内から、左は閉じた状態)

20091146 20091917
20091952風呂窓の目隠しにブラインドイン複層サッシュを設置してもらった。このブラインドは可動ルーバー雨戸の様に90度でなく、180度開くことが出来るので日差しを取り入れ易い。羽根は半透明で全閉にしても昼間は浴室が明るい。
(上左は外観、上右は浴室から90度開いた状態、左は閉じた状態で格子の影が映っている)


にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シーリング&ダクトファン

11094614 19181807
晴天時には南面の3つの縦長窓から陽が差し込み暖かい。外気温が最高12℃でも室温が20℃を超える。天井のシーリングファン(オーデリック WF402)で空気をゆっくりとかき混ぜているので、一階からロフトまでの室温が均一になっている。暖房はしていないのに来訪者からは「暖かいですね。暖房は?」と尋ねられる。

03144701 03154740



この家にはロフトから床下まで北東角にダクト(写真左)を通してもらっていて、冬場の暖かい日中は一階納戸隅に設置したダクトファン(三菱電機 カウンターアローファン V-200CR-D)でロフトの暖気を写真右の吸引口から基礎断熱した床下に送り込んでいるので、床下の温度も20℃になっている。
こういう日の翌朝、外気温が4℃になり、窓のある一階は16℃まで下がったが、床下の温度計は18℃と温度下降が少なかった。
このファンは回転を正逆にできるので暑い夏場は涼しい床下の空気をロフトに吹き出させるつもり。

11113622 11113730
床下・一階床・二階床・ロフト床に4個のSATO-Iデジタル温湿度計 PC-7700(写真左)を置いてチェック出来る様にしている。
床下には外部換気口の無い基礎なので、水蒸気対策として1階フロアー面には8箇所の通気ガラリ(写真右)を設置してもらった。ダクトファンを稼動すると、ここからかすかに暖気が上がってきている。


にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

電気式生ごみ処理機

05090335横浜市では「横浜G30プラン」で生ごみの減量に取組み、家庭用電気式生ごみ処理機の購入助成をしている。
購入額の2分の1か2万円のどちらかを上限として、横浜市内に住む者が市内で購入する事を前提にして申請すると助成してくれる仕組み。
これを利用しようと5月始めにメールで申し込んだ。募集台数が2000台で当選しないかなと思っていたが、5月下旬に当選通知がきた。早速当選通知を持って近所の大型電気店で購入したのはナショナルの「MS-N22」。最大処理量が2kgで温風で乾燥するタイプ。
これをマンションベランダの隅に置いて使っている。

使用当初からキューキューと異音がしていたが、そんなものだろうと思っていた。
しかし、だんだん大きな音になり、メーカーの苦情受付に電話した。「購入店に持ち込んでいただけませんか」との回答で購入店に持ち込む。10日ほどで「修理完了」との連絡を受けた。修理は「ファンの取替え」となっていて、その後は全く異音の発生はない。

04201458
生ごみを入れたところ

05090210処理後7分の1程度に減量し、香ばしい臭で悪臭はなく、この夏は生ゴミ処理に役立った。
新居ではタイマーにより深夜電力利用で使うつもり。
他の自治体も助成制度があるが、助成金額や募集台数は横浜市ほど多くは無い。横浜市は18年度5月の募集の他に9月~10月12日までの2回募集している。

ps.転居後の生ごみ処理機については「>生ごみ処理機その後」を参照ください。

にほんブログ村 住まいブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)