« 2008年栽培の総括 | トップページ | 春夏作の作付け計画(2009) »

2009/01/07

おすすめ家庭菜園本

スローでたのしい有機農業コツの科学 著者:西村和雄   自然農法に興味を持つきっかけとなった「ぐうたら農法のすすめ」の加筆改訂版。不耕起・草生栽培で刈り敷きをして,土壌生物に土作りをしてもらっている私にとって有機栽培のバイブル。
30坪の自給菜園 著者:中島康甫   ボカシ肥と緩効性皮膜肥料でのアイディアにあふれた家庭菜園を紹介している。私はプラグトレイ育苗やファスナー付ネットを採用させてもらっている。
家庭菜園の不耕起栽培改訂版 著者:水口文夫
「根穴」と微生物を生かして不耕起栽培をする実用本。著者は愛知県農業改良普及員としての体験をを元に家庭菜園は不耕起でと説いている。私は著者お薦めの不耕起畝での根回り堆肥を実行している。
自然流家庭菜園のつくり方 著者:徳野雅仁
豊富な写真と絵や図で判りやすく楽しい。著者の無肥料・無耕起・無除草の栽培は、私には貸し農園で周りの目が気になるので草刈りだけはしたい。happy01
EMでいきいき家庭菜園 エコ・ピュアシリーズ
EM(有用微生物群)の活用する自然農法の入門書。EMボカシを元肥・追肥として活用している。
草生栽培の実際例はたいへん参考になった。

新おすすめ家庭菜園本(2013)

|

« 2008年栽培の総括 | トップページ | 春夏作の作付け計画(2009) »

1. 家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76145/43667549

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ家庭菜園本:

« 2008年栽培の総括 | トップページ | 春夏作の作付け計画(2009) »