« 2017年3月 | トップページ

2017/04/27

玉葱

Img_20170418_113254 4/27 畑で葉が倒れている極早生玉葱を収穫。
4/20 自宅庭の極早生玉葱収穫。
4/18 極早生玉葱の球が膨らみ、まもなく収穫。
20170320144720 3/20 暖かくなり、玉葱の葉先が閊えている不織布トンネルを外し、除草して条間を中耕し、えひめAI希釈液散布。極早生玉葱の球が膨らみ始めている。
3/4 除草・ボカシ追肥・中耕・えひめAI希釈液散布。
Img_20161209_103740 12/9 定植後1カ月過ぎ、条間に100g/㎡程度ボカシ追肥・除草・中耕後、籾殻マルチ。
籾殻飛散軽減で米糠を降り、えひめAI 希釈液を散布。
写真の後、例年より早いが防寒で極早生玉葱に不織布トンネル。
Img_20161104_123006 11/5 自宅庭の畑に極早生玉葱苗80本定植。
11/4 極早生玉葱は11月に入り、20cm程度に伸びて3葉で、株間12㎝条間20㎝に300本定植し、株元に雑草抑えと保水目的で籾殻。長苗は鋏で20cmに切断。
10/20 安納芋を撤収して、堆肥・ボカシを表層に鋤込み、木枠土留。
10/11 トロナスを撤収して、堆肥・ボカシを表層に鋤込み、木枠土留。
Img_20160925_083737 9/25 極早生玉葱は全筋で発芽。
赤玉葱の芽も一部出始めた。
9/17 アタリヤ農園の「赤玉葱」を玉葱苗床に筋蒔き。
9/11 サカタの「はやどりタマネギ」(極早生玉葱)を玉葱苗床に10㎝間隔に筋蒔きして鎮圧。
6/6 一本葱苗定植後の苗床表層に堆肥・ボカシをレーキで鋤込み、太陽熱処理開始。
玉葱(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25

菊芋

Img_20170425_104808 4/25 背丈が1.5mを超えている畝裾のライ麦に隠れて目立たなかったが、畝の草刈したら、菊芋らしいのが全箇所で発芽していた。
Img_20170227_102941 2/27 定植時期が少し早かったが、株間50㎝でマルチしていた黒豆残渣や籾殻を除けて植穴を作って、15㎝深さに種芋を植える。畝裾はライ麦。
2/24 菊芋の種芋を5個購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/24

超浅逆さ植えジャガイモ連作

Img_20170424_121847_2 4/24 残る1か所も発芽し、順調に生育している。昨年まで株元近くで緑芋が出来たので、株元に土を薄く被せてみた。
Img_20170412_144720 4/12 雨などで久しぶりに畑に行ったら、ジャガイモの芽が1か所を除き黒マルチを押し上げていた。開けた孔が命中せず粘着テープで補修。wobbly
Img_20170227_102220 2/27 切断後4日間陰干しした「とうや」種芋1kgを、無施肥の畝に株間30㎝条間40㎝で超浅逆さ植えして、株間に約50gのボカシ肥。 この写真後ボカシは土と混ぜて、今年は籾殻マルチしてから畝を黒マルチフィルムで覆った。
2月中旬根深ネギ収穫後に畝を均し、 ジャガイモ→根深ネギ→ジャガイモ→根深ネギ→ジャガイモ→根深ネギ→ジャガイモの連作3年目。
超浅逆さ植えジャガイモ連作(2016)
超浅逆さ植えジャガイモ(2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安納芋

Img_20170424_110930 4/24 株間25㎝で4節で切って第1回目の挿し芽。えひめAI散布。
Img_20170402_143446 4/2 もう高さ20㎝を超えて8葉にまで生育している。
Img_20170320_081827 3/20 12㎝ポットに土を入れ、頂芽を上にして種芋を埋め、水遣りをして発芽・育苗器に置き、発根を促す。
3/9 白い芽が出ている種芋を自作の発芽・育苗器に3個置く。
3/7 昨年まで畝幅80㎝・畝間120㎝で2条植えしていたが、今年は畝幅40㎝・畝間80㎝で1条植えとして高畝を作る。
10/20 収穫した安納芋の中から100g強のを種芋として、発泡スチロール箱に入れ吊戸棚に保存。
安納芋(2016)
安納芋(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/23

トマト

Img_20170424_081105 4/23 本葉5〜6枚で12㎝ポットに鉢上げ。双葉は枯れ落ちていて、葉の元気がない。wobbly
4/4 本葉3枚で9㎝ポットに鉢上げ。
Img_20170319_083142 3/18 本葉が出始めで6㎝ポットに胚軸切断挿木。
3/3 以前から栽培したかったが、販売終了で買い損なっていた野口種苗のアロイトマト。今年は1月末に購入できたので、連結ポットに播種し、A4サイズ用万能トレーに乗せ、屋内で自作の発芽・育苗器に入れ、「弱」設定にして加温。
トマト(2016)
トマト(2015)
トマト胚軸切断挿木法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/18

春蒔ニンジン

Img_20170418_113127 4/18 本葉2〜3枚で一本立ち。写真の後、条間にボカシ肥し中耕。えひめAI散布。
4/5 畝の除草をし、各所2本に間引き。
3/17 株間・条間共20cmで深さ1㎝に瓶の底で植え穴を作って潅水し、100均店で購入した「時無し5寸人参」の種を数粒点播し、土を薄くのせて鎮圧し、水分蒸散防止で籾殻を被せた。
春蒔きニンジン(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニ

Img_20170418_100643 4/18 10㎝以上に徒長しているので、本葉1枚出始めたのを胚軸切断挿木。
4/10 昨年自家採種したのを一晩水に浸し、6㎝ポットに1粒づつ自作の発芽育苗器で育苗開始。。
ズッキーニ(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

ころたん

Img_20170414_152022 4/14 衣装ケース内で昼間陽光を当て、夜間は屋内に入れているが、播種後1週間なんとか生きている。happy01
4/12 全て発芽したが、バターナッツカボチャ同様徒長しているので、駄目元と胚軸切断挿木。
4/7 8個の種を一晩水に浸し、6㎝ポットに1粒づつ自作の発芽育苗器で育苗開始。。
3/18 THさんが自家採種した種子を配布頂く。
枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、昨年THさんが栽培し美味しかったサカタのネットメロンころたんを各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターナッツカボチャ

Img_20170414_152032 4/14 衣装ケース内で昼間陽光を当て、夜間は屋内に入れているが、播種後1週間なんとか生きている。happy01
4/12 全て発芽したが、ひょろっと徒長して倒れそうなので、駄目元と胚軸切断挿木。
4/7 昨年THさんに頂いた苗を栽培し、自家採種したバターナッツカボチャの種を、THさんのメールで栽培予定より多めの12個を一晩水に浸し、6㎝ポットに1粒づつ自作の発芽育苗器で育苗開始。。
4/3 THさんから「40粒播種したが2週間経っても発芽しない」とメール頂く。sad
枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、バターナッツカボチャを各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/12

ライ麦

Img_20170412_150201 4/12 背丈が120㎝に伸び、穂をつけている。
Img_20170315_141604 3/15 久しぶりに畑に行ったら、ライ麦は背丈が40㎝に伸びている。
Img_20161209_105951 12/9 通路両側のライ麦は10㎝程度に伸び、この写真の後に麦踏み。
畝上には黒大豆撤収後の残渣などでマルチ。
Img_20161112_105814 11/12 黒大豆を葉もぎしたら、通路の両側にライ麦が発芽しているのに気付いた。happy01
10/29 例年蒔いているエンバクの手持ち在庫が切れたので、ライ麦の種子を購入して、黒大豆の畝裾に三角ホーで溝を作り、ほぼ1㎝間隔に筋蒔き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロナス

Img_20170415_091022 4/12 やっと3つ発芽。

4/1 6㎝ポットに1粒づつ再播種して自作の発芽育苗器で育苗開始。
3月はじめから2度蒔いたが低温の為か発芽しない。wobbly
トロナス(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/06

春蒔きキャベツ

Img_20170406_100124 4/6 本葉3枚の若苗を株間50㎝条間40㎝千鳥に根回り堆肥して、根切り虫対策で株元をトイレットペーパー中芯で囲って定植し、株周りにボカシを施肥して灌水。この後、保温目的で不織布トンネル。
Img_20170316_083911 3/15 徒長し本葉1枚が出た苗を、1本を残して他は鋏で切断。
3/3 6㎝ポットにトーホク「四季どりキャベツ味星」を3粒づつ播種し、自作の発芽育苗器で育苗開始。
春蒔きキャベツ(2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/02

三太郎大根

Img_20170402_114848 4/2 各所本葉3枚以上で一本立ち。透明マルチを外し、株間にボカシを一摘み施肥。
Img_20170315_140352 3/15 久しぶりに畑に行って、不織布を外したら、全箇所で発芽していた。
この写真の後各所2本に間引き。
3/3 昨年「あじまるみ大根」収穫後の畝を均し、無施肥・無堆肥の畝に透明マルチをして、株間20㎝で孔を開け、瓶の底で深さ1㎝の植穴を作り、各穴4粒づつ播種し、覆土・鎮圧・灌水して、保水の為籾殻を乗せ、保温や鳥対策で不織布をベタ掛け。
枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、三季採りのタキイ「三太郎大根」を各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春蒔きブロッコリー

Img_20170402_104915 4/2 本葉3枚の若苗をポットの2本そのままで40㎝間隔に定植し、トイレットペーパー中芯で根切り虫対策して灌水。この後、株間にボカシ施肥して、保温と防虫で不織布トンネル。
Img_20170309_092438 3/9 本葉1枚で育ちの揃った2本を残して、他は鋏で切断。
2/20 6㎝ポットにサカタ「緑嶺」を4粒づつ播種し、自作の発芽育苗器で育苗開始。
ブロッコリーは夏蒔き冬採りを栽培してきたが、今年は早春蒔きの栽培に挑戦。
2本植えブロッコリー(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ