« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/21

ライ麦(2016)

Img_20170521_105850_294 5/21 残り5条の穂を取ってから全て刈取り、写真右の押切機で50㎝程度に切断し、敷藁用として保存。
5/19 里芋を植えるため畝裾のライ麦を1条刈って、敷藁に。
Img_20170503_110231 5/3 背丈は2mを超えている。
前方はニンニク。後方は第二京阪国道。
Img_20170412_150201 4/12 背丈が120㎝に伸び、穂をつけている。
Img_20170315_141604 3/15 久しぶりに畑に行ったら、ライ麦は背丈が40㎝に伸びている。
Img_20161209_105951 12/9 通路両側のライ麦は10㎝程度に伸び、この写真の後に麦踏み。
畝上には黒大豆撤収後の残渣などでマルチ。
Img_20161112_105814 11/12 黒大豆を葉もぎしたら、通路の両側にライ麦が発芽しているのに気付いた。happy01
10/29 例年蒔いているエンバクの手持ち在庫が切れたので、ライ麦の種子を購入して、黒大豆の畝裾に三角ホーで溝を作り、ほぼ1㎝間隔に筋蒔き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

玉葱(2016)

Img_20170418_113254 4/29、5/1 残りの極早生玉葱を収穫したが例年より球が大きい。
4/27 極早生玉葱を半分収穫。
4/20 自宅庭の極早生玉葱収穫。
4/18 極早生玉葱の球が膨らみ、まもなく収穫。
20170320144720 3/20 暖かくなり、玉葱の葉先が閊えている不織布トンネルを外し、除草して条間を中耕し、えひめAI希釈液散布。極早生玉葱の球が膨らみ始めている。
3/4 除草・ボカシ追肥・中耕・えひめAI希釈液散布。
Img_20161209_103740 12/9 定植後1カ月過ぎ、条間に100g/㎡程度ボカシ追肥・除草・中耕後、籾殻マルチ。
籾殻飛散軽減で米糠を降り、えひめAI 希釈液を散布。
写真の後、例年より早いが防寒で極早生玉葱に不織布トンネル。
Img_20161104_123006 11/5 自宅庭の畑に極早生玉葱苗80本定植。
11/4 極早生玉葱は11月に入り、20cm程度に伸びて3葉で、株間12㎝条間20㎝に300本定植し、株元に雑草抑えと保水目的で籾殻。長苗は鋏で20cmに切断。
10/20 安納芋を撤収して、堆肥・ボカシを表層に鋤込み、木枠土留。
10/11 トロナスを撤収して、堆肥・ボカシを表層に鋤込み、木枠土留。
Img_20160925_083737 9/25 極早生玉葱は全筋で発芽。
赤玉葱の芽も一部出始めた。
9/17 アタリヤ農園の「赤玉葱」を玉葱苗床に筋蒔き。
9/11 サカタの「はやどりタマネギ」(極早生玉葱)を玉葱苗床に10㎝間隔に筋蒔きして鎮圧。
6/6 一本葱苗定植後の苗床表層に堆肥・ボカシをレーキで鋤込み、太陽熱処理開始。
玉葱(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »