1. 家庭菜園

2017/10/18

サトイモ

Img_20171018_120146 10/18 少し早いが15株を収穫。親芋も入れて35kgで、例年と比べ子芋は粒が揃って大きい。
Img_20170727_074632 7/27 畝上の草や畝裾の赤クローバ・ライ麦残渣や通路の草を地際で刈って畝に敷草。
Img_20170622_075134 6/22 4葉が出てきたので厚さ10㎝程土寄せし、畝裾の赤クローバを10㎝程残して刈り取る。
この写真の後刈り取った赤クローバを畝全面に敷草。
Img_20170608_100647 6/8 各所から1本づつ芽が出て、2葉になっている。
畝裾は刈り取ったライ麦と混ぜて蒔いた赤クローバが繁茂している。
Img_20170519_102920 5/22 ソラマメを1条撤去して、畝中央に里芋を5個植える。
5/19 ライ麦を地際10㎝で刈取り、畝を均して畝中央に深さ10㎝の溝を作り、株間50㎝で深さ10㎝強の植え穴を掘って、1列に種芋5個を植える。
Img_20170518_175230 5/18 黒マルチが膨らんでいたので剥がしたら、3個は芽を大きく出していた。 土を出したら1個腐っていた。
畑にはまだ植える場所が準備できていない。despair
4/13 枚方自然農法塾生のTHさんから譲ってもらった「土垂」の種芋を、欠株対策で数か所の底孔を開けた発泡スチロール箱に15個詰め、芋の上に畑の土を被せ、黒マルチで囲って保温し、日当たりの良いベランダで芽出しを開始する。
サトイモ(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

安納芋

Img_20170930_084024 10/9 種芋深植え3株を芋掘り。
7kg弱の収穫で芋の形が良く、最大で300g。この栽培法は有用。
10/1、10/5 2畝を芋掘り。どちらもほぼ7kgの収穫。
9/29 最初に挿した畝を9株掘ったら7kgの収穫。最も大きな芋は490gと大きすぎ。wobbly
Img_20170907_102125 9/7 夏場3回蔓返しをしたが蔓が伸びて、通路が見えなくなっている。
この後蔓返し。
Img_20株170714_100056 7/14 畝は一面蔓に覆われてきた。
Img_20170424_110930 5/29 種芋株深植え替え。
5/8 第3回目細目。
4/25 第2回目差し芽。
4/24 株間25㎝で4節で切って第1回目の挿し芽。えひめAI散布。
Img_20170402_143446 4/2 もう高さ20㎝を超えて8葉にまで生育している。
Img_20170320_081827 3/20 12㎝ポットに土を入れ、頂芽を上にして種芋を埋め、水遣りをして発芽・育苗器に置き、発根を促す。
3/9 白い芽が出ている種芋を自作の発芽・育苗器に3個置く。
3/7 昨年まで畝幅80㎝・畝間120㎝で2条植えしていたが、今年は畝幅40㎝・畝間80㎝で1条植えとして高畝を作る。
10/20 収穫した安納芋の中から100g強のを種芋として、発泡スチロール箱に入れ吊戸棚に保存。
安納芋(2016)
安納芋(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

黒大豆(丹波黒)

Img_20170817_080646 8/17 放任の黒大豆に紫色の小さな花が咲き出し下葉を刈って土寄せ。 自宅庭に余り苗を植えている黒大豆にカメムシが付きペットボトル捕虫器で取ったが、畑のは畝端にバジルを植えているお蔭かカメムシが付いていない。happy01
Img_20170805_064252 8/5 背丈が50㎝弱になっており順調に生育している。
Img_20170706_071841 7/6 主枝2本が早くも出ていたので、ニンニク等収穫後レーキで均して、M字畝にしていた畝の凹部分に、今年は30本の苗を子葉下まで株間50㎝で1条植え。
写真の後凹部に保湿の為籾殻を撒く。
Img_20170703_065848 7/3 不織布を外すと約9割が発芽。子葉の上で初生葉をハサミで摘心。
6/24 ジャガイモ収穫後レーキで均した畝に、20㎝毎に深さ1㎝の溝を作り、3~4㎝間隔に昨年採取した種豆を50粒溝に播き、土を戻して草木灰を被せて鎮圧・灌水し、鳥除けに不織布ベタ掛け。
黒大豆(丹波黒 2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

トロナス

Img_20170805_075620 8/5 発芽時期が遅かったので、やっと長さ17㎝の実を3本を初収穫。
Img_20170727_065939 7/27 長さ10㎝程の実が付いている。
Img_20170711_062615 7/11 一番花が咲いた。この写真の後摘花。
Img_20170527_101900_638_2 5/27 本葉5枚で予め株間60㎝で鞍築していたところに定植し、ライ麦を敷藁してたっぷり灌水。この後活着するまで行灯囲い。
Img_20170506_170215_988 5/6 本葉3枚で9㎝ポットに鉢上げ。生長が遅い。despair
Img_20170415_091022 4/12 やっと3つ発芽。happy01

4/1 6㎝ポットに1粒づつ再播種して自作の発芽育苗器で育苗開始。
3月はじめから2度蒔いたが低温の為か発芽しない。wobbly
トロナス(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三太郎大根

Img_20170805_071519 8/5 25㎝程度のを2本収穫。
Img_20170713_065741 7/13 密植で葉が重なり合っている。
Img_20170618_071818 6/18 本葉3枚以上で1本を地際でハサミで切って一本立ち。
Img_20170608_100511 6/8 全てで発芽を確認。各所2本に間引き。
5/31 赤玉葱収穫後の畝を無施肥で均して、株間・条間20㎝で各所4粒づつ播種して夏蒔き栽培開始。雨の多い時期なので保水・保温をしない。
Img_20170512_101320 6/5 春蒔き大根を最終収穫。
5/14 娘家族に送る荷物に入れるため2本収穫。今後必要の都度収穫していく。
5/12 首の太いのを抜いたら、長さ30㎝弱の綺麗な大根が初収穫できた。
Img_20170402_114848 4/2 各所本葉3枚以上で一本立ち。透明マルチを外し、株間にボカシを一摘み施肥。
Img_20170315_140352 3/15 久しぶりに畑に行って、不織布を外したら、全箇所で発芽していた。
この写真の後各所2本に間引き。
3/3 昨年「あじまるみ大根」収穫後の畝を均し、無施肥・無堆肥の畝に透明マルチをして、株間20㎝で孔を開け、瓶の底で深さ1㎝の植穴を作り、各穴4粒づつ播種し、覆土・鎮圧・灌水して、保水の為籾殻を乗せ、保温や鳥対策で不織布をベタ掛け。

枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、三季採りのタキイ「三太郎大根」を各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/27

ピーマン&パプリカ

Img_20170727_081839 7/27 パプリカの1本が実の重みで倒れかかっていたので支柱を立てて固定し、150gから230gの実を摘果収穫。
ピーマンは豊作で毎週8個以上収穫出来ている。
Img_20170622_120010 6/22 15㎝弱の実が1個なっているのに気づき収穫。
ついでに8㎝程の実も収穫。
Img_20170612_075328 6/12 パプリカが行灯の高さ一杯になったので、畝の4隅に支柱を立てて、30㎝の高さで水平に園芸ネットを張って苗の揺れ止め。
5/29 ピーマン苗はドームに閊える高さになったので行灯囲い。
Img_20170512_100501 5/12 株間48㎝条間40㎝で根回り堆肥して定植し、活着するまで背の低いピーマン苗は苗ドームで、背の高いパプリカ苗は行灯で囲い。株間にボカシ一握り施肥してたっぷり灌水。
5/11 今年は自作の発芽・育苗器のスペースがバターナッツかぼちゃところたんに取られ、ピーマンは自家育苗出来ず、ホームセンターで苗を購入。
ピーマン&パプリカ(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

ころたん

Img_20170723_093924 7/23 完熟の目安である果皮が濃い黄金色になった実は少し触ったらポロリと取れて初収穫。
実は夫婦二人が一度に食べきれ、香り良く甘かった。
Img_20170709_095140 7/9 背丈が1.8mを超え、実が4株で21個も付いており、大きな実は紐で支柱にぶら下げている。摘果して間引くべきかもしれないがそのままにしておく。
最初の実はヘタのつけ根に離層が出来ており、間もなく収穫か。
Img_20170701_103133 7/1 最初の実はソフトボール大になってネットが付き始めている。
納豆の箱を凸して敷いている。
Img_20170608_143713 6/8 ネットを伝って背丈が90㎝になり、下部の孫蔓を剪定してたら、各株に3㎝弱の実が1個付いていた。摘果すべきかもしれないが残してみる。
Img_20170524_071739 5/29 各株子蔓3本に剪定。
5/24 順調に生育し一番花が咲いた。摘花。
5/19 刈り取ったライ麦を敷藁。
5/15 誘引ネット張り。
Img_20170504_114126 5/11 本葉5枚目で摘芯。
5/4 本葉4枚目が出たので、自宅庭の畑に株間50㎝で根回り堆肥して定植。 この後株間にボカシ一握り施肥し、たっぷり灌水して、風よけに苗ドーム。
4/27 9㎝ポットに鉢上げ。
Img_20170414_152022 4/14 衣装ケース内で昼間陽光を当て、夜間は屋内に入れているが、播種後1週間なんとか生きている。happy01
4/12 全て発芽したが、バターナッツカボチャ同様徒長しているので、駄目元と胚軸切断挿木。
4/7 8個の種を一晩水に浸し、6㎝ポットに1粒づつ自作の発芽育苗器で育苗開始。。
3/18 THさんが自家採種した種子を配布頂く。

枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、昨年THさんが栽培し美味しかったサカタのネットメロンころたんを各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

トマト

Img_20170722_075402 7/22 完熟したのを7個初収穫。
無施肥栽培で味がどうかと思ったが甘くて濃い味だった。happy01
Img_20170709_083054_3 7/9 各株2段目まで実が付いていて、各所3個までに摘果。
無施肥栽培のためか葉の茂りは少なく、茎先端も元気がないが無施肥を貫きたい。
Img_20170618_101448 6/18 主枝と側枝が伸びたので、茎止めクリップで支柱に固定。
このクリップは初めて使用したが作物の茎を傷めずに2本仕立てが出来て便利。
Img_20170610_100731 6/10 一番花直下の脇芽(側枝)が伸びてきたので、主枝と側枝を又裂き状態に麻紐で誘引して2本仕立てに。それより下の脇芽を摘む。主枝には2段目の蕾が付いている。後方の葉は朝顔。
Img_20170608_104640 6/8 各所で1段目の黄色の花が咲いている。後方には緑のカーテンの朝顔も咲き出した。
5/29 ライ麦を畝に直角に敷藁。
Img_20170523_090833 5/23 本葉場8枚目の苗を、数日前に下葉を4枚取っておいて、株間60㎝で斜め植えしてたっぷり灌水。
Img_20170519_135557 5/11 昨年と同じ緑のカーテン前の、玉葱収穫後均しただけで無施肥の畝に、雨除け骨組と30㎝間隔で2本仕立て誘引支柱を設置。この場所は1昨年から去年・今年と連作になる。
Img_20170424_081105 4/23 本葉5〜6枚で12㎝ポットに鉢上げ。双葉は枯れ落ちていて、葉の元気がない。wobbly
4/4 本葉3枚で9㎝ポットに鉢上げ。
Img_20170319_083142 3/18 本葉が出始めで6㎝ポットに胚軸切断挿木。
3/3 無肥料栽培の固定種で、以前から販売終了で買い損なっていた野口種苗のアロイトマト。今年は1月末に購入できたので、連結ポットに播種し、A4サイズ用万能トレーに乗せ、屋内で自作の発芽・育苗器に入れ、「弱」設定にして加温。
トマト(2016)
トマト(2015)
トマト胚軸切断挿木法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

バターナッツカボチャ

Img_20170716_081324 7/20 6個収穫。
7/16 実が黄色くなって、ヘタがコルク状になったので1個収穫したら800g。家で1~2週間追熟。
Img_20170703_070030 7/3 実の長さが20㎝になり、重くなってネットでは耐えきれないので、プラスティック紐で縛って支柱に吊り下げて固定。
Img_20170624_065034 6/22 背丈が150㎝程になり、先日人工授粉したのが8㎝程の実を付けていたので、実の元をゴムスビーでネットに固定。
Img_20170616_073432 6/18 雌花・雄花も咲いて、最初の人工授粉。
6/16 雌花が咲いたが雄花が咲かず今朝は人口受粉出来なかった。花の中には小さな虫が入っていた。
Img_20170608_100214 6/8 背丈が80㎝程になって黄色の一番雄花が咲き、摘花。後方は春蒔きニンジン。
5/30 行灯を外し、2本の子蔓をネットに誘引。
Img_20170507_113152 5/7 出てきた5枚目の本葉で摘芯して、株間1m予め鞍築してた所に定植し、行灯囲いして、周りにボカシ施肥。
4/25 9㎝ポットに鉢上げ。
Img_20170414_152032 4/14 衣装ケース内で昼間陽光を当て、夜間は屋内に入れているが、播種後1週間なんとか生きている。happy01
4/12 全て発芽したが、ひょろっと徒長して倒れそうなので、駄目元と胚軸切断挿木。
4/7 昨年THさんに頂いた苗を栽培し、自家採種したバターナッツカボチャの種を、THさんのメールで栽培予定より多めの12個を一晩水に浸し、6㎝ポットに1粒づつ自作の発芽育苗器で育苗開始。。
4/3 THさんから「40粒播種したが2週間経っても発芽しない」とメール頂く。sad

枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、バターナッツカボチャを各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

オクラ

Img_20170706_085126 7/6 いつ花が咲いたか、知らぬ間に実が付いていたので、下葉を切断して初収穫。
Img_20170707_073809 7/6 畝中央のレタスはすべて収穫し、各所背丈にバラツキがあるが、最高で50㎝弱で順調に育っている。
Img_20170529_082318 5/29 各所4本以下に間引き。
上部には畝の中央に植えていたレタス。
Img_20170512_104205_827 5/12 殆どの箇所で発芽を確認。
5/5 極早生玉葱収穫後の畝をレーキで均し、株間・条間40㎝で瓶の底で深さ1㎝の植穴を作り、1か所6粒の自家採種種子を直播きし、草木灰を被せて鎮圧・たっぷり灌水。
オクラ(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧