1-2. 根菜 (ねもの)

2017/06/22

春蒔ニンジン(2017)

Img_20170622_081154 6/22 塔立ちしていた2本を抜いたら長さ20㎝弱のが収穫。
Img_20170612_075139 6/12 その後は無施肥で放任だが、根首が2㎝強に育っている。
Img_20170418_113127 4/18 本葉2〜3枚で一本立ち。写真の後、条間にボカシ肥し中耕。えひめAI散布。
4/5 畝の除草をし、各所2本に間引き。
3/17 株間・条間共20cmで深さ1㎝に瓶の底で植え穴を作って潅水し、100均店で購入した「時無し5寸人参」の種を数粒点播し、土を薄くのせて鎮圧し、水分蒸散防止で籾殻を被せた。
春蒔きニンジン(2016)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/18

三太郎大根

Img_20170618_071818 6/18 本葉3枚以上で1本を地際でハサミで切って一本立ち。
Img_20170608_100511 6/8 全てで発芽を確認。各所2本に間引き。
5/31 赤玉葱収穫後の畝を無施肥で均して、株間・条間20㎝で各所4粒づつ播種して夏蒔き栽培開始。雨の多い時期なので保水・保温をしない。
Img_20170512_101320 6/5 春蒔き大根を最終収穫。
5/14 娘家族に送る荷物に入れるため2本収穫。今後必要の都度収穫していく。
5/12 首の太いのを抜いたら、長さ30㎝弱の綺麗な大根が初収穫できた。
Img_20170402_114848 4/2 各所本葉3枚以上で一本立ち。透明マルチを外し、株間にボカシを一摘み施肥。
Img_20170315_140352 3/15 久しぶりに畑に行って、不織布を外したら、全箇所で発芽していた。
この写真の後各所2本に間引き。
3/3 昨年「あじまるみ大根」収穫後の畝を均し、無施肥・無堆肥の畝に透明マルチをして、株間20㎝で孔を開け、瓶の底で深さ1㎝の植穴を作り、各穴4粒づつ播種し、覆土・鎮圧・灌水して、保水の為籾殻を乗せ、保温や鳥対策で不織布をベタ掛け。

枚方自然農法塾で春夏栽培作物として、三季採りのタキイ「三太郎大根」を各自の畑で栽培し、報告しあうことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/02

人参(彩誉 2016)

Img_20161202_125402 12/2 5本試し取りしたら、最長は18㎝で、2本が又根。
早速ジュースにして飲んだら人参臭さが無ければリンゴジュースと間違うくらい、あまりにも甘くて驚いた。happy01
Img_20161118_094205 11/18 太陽熱処理のお蔭で殆ど草取りもせず放任だが、根首径は3㎝位で順調に生長。
Img_20160930_080227_2 9/30 本葉4枚の苗を鋏で間引いて一本立ち。
再播種したところは全て発芽している。
Img_20160915_085900 9/17 農法塾でTHさんと私以外は発芽率が40%以下で、ペレット種子で鎮圧の差が出た様だ。
9/17 発芽しなかった箇所に昨年の残り種子「黒田5寸」を再播種。
9/15 不織布を外したら、9割くらいの箇所で発芽。
9/3 太陽熱処理フィルムを外し、株間15㎝・条間20㎝に瓶の底で深さ5㎜の植穴を作り、各穴2粒づつ播種し、覆土・鎮圧・灌水して、鳥・虫対策で不織布をベタ掛け。
8/20 THさんから「彩誉」のペレット種子100粒と栽培説明書を配布頂く。説明書によると『播種は大阪では9/5が最適』とあった。
6/16 ソラマメ収穫後の畝に堆肥3㎏/㎡・ボカシ300g/㎡を表層に鋤き込んで太陽熱処理開始。

農法塾生で都市農家THさんが推奨するフジイシードの人参「彩誉」を課題として栽培する。
人参(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/21

あじまるみ大根(2016)

Img_20161121_110405 11/21 株間を昨年より広げた為か、抜き取ったら根径が12㎝のを初収穫。
Img_20161118_094228 11/18 写真の大根は首が直径8㎝で順調な生育。
Img_20160925_075754 9/25 本葉4枚目で全箇所1本に鋏で切って間引いて、土寄せ。
Img_20160915_0858411 9/15 不織布を外したら、全箇所で4本発芽。苗が重なり合っているので、この後各所2本に鋏で切って間引く。
9/11 株間40㎝・条間40cに瓶の底で深さ1㎝の植穴を作り、各穴4粒づつ播種し、覆土・鎮圧・灌水して、鳥・虫対策で不織布をベタ掛け。
8/25 ズッキーニ撤収の畝に堆肥3㎏/㎡・ボカシ300g/㎡・牡蠣殻石灰100g/㎡を表層に鋤き込む。

昨年栽培し煮物で美味しかった「あじまるみ大根」を今秋も栽培する。 ⇒あじまるみ大根(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/03

サラダごぼう袋栽培(2016)

Img_20160703_094457 7/11 別の堆肥袋に土を入れ、秋収穫用に播種。 7/3 長さ20㎝強のまっすぐに伸びた牛蒡を12本収穫。
Img_20160703_093629 7/3 播種後106日経ったので、袋を割いたらひげ根がぎっしり。
Img_20160614_113731_1 6/14 サラダごぼうの生育は順調。
右上はミニトマト。
右下はカボチャ。
Img_20160501_151418 5/1 自宅庭の堆肥袋には本葉3枚目まで育ったサラダごぼう。
右上はスナックエンドウ。
右はカボチャとサニーレタス。
Img_20160405_091616 4/5 気温が上がり、ほとんどの箇所で発芽している。この後重なっている苗を間引く。
3/17 堆肥袋に畑の土を高さ40㎝入れ、堆肥一握り混ぜてたっぷり灌水し、円状に「サラダ牛蒡」の種子を蒔く。
枚方自然農法塾で春蒔きの課題作物として、サラダごぼうの袋栽培を採り上げる事となった。
サラダごぼう(2015)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/24

春蒔きニンジン(2016)

Img_20160624_073555 6/24 首が太くなっているのを5本収穫してみたら、長さ20㎝強のが4本。
Img_20160614_100200 6/14 播種時期が遅かった事や気温が高い影響か、塔立ちしたのが3本。塔立ち人参は不味いので、抜いてみると根っこは10㎝にもなっていない。wobbly
Img_20160502_085736 5/14 一本立ち。
5/2 本葉1~2枚で、各所2本に間引き、条間にボカシ肥し中耕。えひめAI散布。
4/22 不織布を外すと、全株で発芽しており、各所3〜4本に間引き。
Img_20160405_113026 4/5 株間15cm条間20cm深さ1㎝に瓶の底で植え穴をあけ潅水し、100均店で購入した「時無し5寸人参」の種を数粒点播し、土を薄くのせて鎮圧し、水分蒸散防止で籾殻を被せた。 写真の後、発芽するまで不織布べた掛け。
3/31 ブロッコリーの側蕾収穫したばかりの畝を、鍬とスコップで耕盤をほぐして整え、堆肥3㎏/㎡・ボカシ300g/㎡を表層に混ぜ込み、木枠で土留。
春蒔きニンジン(2015)
春蒔きニンジン(2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/22

ニンジン(2015)

Img_20151215_155740 12/22 全べての人参を抜き、葉をむしり取り、畝に穴を掘って、埋めて保存。
12/15 人参を5本収穫。皆20㎝越で太って、まあまあの出来。happy01
Img_20151129_102454 11/29 人参を1本抜いたら長さ20㎝弱でまだ少し早いか。
写真は今日収穫の一本葱・人参・あじまるみ大根・三二白菜・サニーレタス
Img_20151120_105341 11/20 揚羽蝶の幼虫を退治しただけで放任だったが生育は順調。株元に土寄せ。
Img_20151006_102910 10/6 各所強い1本を残して間引く。
Img_20150926_104634 9/26 各所2本を残して間引く。
太陽熱処理のお蔭で草は生えていない。
P1040775 9/1 新聞紙を外すと、発芽している黒田5寸。陽明五寸も1〜2本づつ発芽しているのを確認。
P1040655 8/28 株間15cm条間20cm深さ1㎝に瓶底で植穴をあけ潅水し、陽明五寸の種子を3粒や黒田5寸の種子数粒を点播し、自家製草木堆肥を薄く被せて鎮圧し、発芽まで水分蒸散防止で新聞紙を乗せ、不織布べた掛けして上から潅水。
P1040573 6/21 透明マルチで太陽熱処理開始。
6/20 春蒔き人参を一部盗まれたので全部早取りした畝を除草し、堆肥・ボカシを施して、ヨーグルティアで作ったえひめAI希釈液をたっぷりかける。
枚方自然農法塾の秋作の課題作物であるニンジンはTAさんから種子を配布頂いた「陽明五寸」を中心に栽培する
ニンジン(2013)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/23

あじまるみ大根(2015)

Img_20151123_164515 11/23 妻が今晩の料理用に大根を買うというので1本収穫。
根茎を測ると根茎が10㎝強で、カタログの12㎝には少し収穫が早かったか、株間が狭かったか。
Img_20151120_105512 11/20 放任の大根だが順調に育ち、畝奥の9/15播種のは根が直径10㎝位に太り、間もなく収穫できそうかな。
Img_20151006_102812 10/6 強い株を残して1本立ち。

9/29 畝半分に、1か所4粒づつずらし蒔き。
Img_20150926_104520 9/26 不織布を外し、1か所2本に間引く。
9/15 スィートコーン収穫後の畝を草刈りし、レーキで均して、畝半分に株間30㎝条間40㎝で瓶底で植穴を作り、4粒づつ播種して、自家製草木堆肥を薄く被せて鎮圧・灌水して、鳥・虫対策で不織布をベタ掛け。
毎年栽培している「耐病総太り」に代り、去年スーパーで買って煮物で美味しかった「あじまるみ大根」を今秋は栽培する。
ダイコン(2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/06

蕪(2015)

Img_20151006_103418 10/6 葉の虫食いがひどいが、食べれる大きさになった蕪を収穫
Img_20150926_104807 9/26 防虫ネットトンネルの甲斐もなく葉は虫食い。wobbly
株元が白く丸くなりかけている。
P1040788 9/5 ズッキーニ撤収後草刈し、表面を均しただけの畝に、株間・条間とも30㎝で定植し、畝中央株間にボカシ一握りを穴肥として施肥して、防虫ネットトンネル設置。
P1040766 9/1 各所1本に鋏で切断して間引き。
8/16 連結ポットに、ソラマメを蒔く前までに収穫できる早生蕪の種子を各所4粒づつ播種。
レタス(2009)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/18

サラダごぼう(2015)

P1040750 8/18 葉が黄色くなり、昨日来の大雨で抜きやすくなったので、30㎝弱のサラダ牛蒡10本収穫。
P1040652 7/25 3本抜いてみたら、20㎝程度に育っていたが、2本又根。sad
P1040627 7/14 放任だが順調に生育している。
P1040048 4/25 各所1本に間引いて土寄せ、条間にボカシ施肥して中耕。
P1040012 4/17 本葉が2枚で各所2本に間引き。
P1030991 3/30 不織布を外すと、1回目播種分が鳥に散らかされて植穴以外の所からも発芽していたが、なんとか栽培できそう。
P1030837 3/15 畑に行くと畝が鳥(多分鳩の群れ)に荒らされていたため再播種。angry 対策として不織布をベタ掛け。
3/13 スコップで深さ30cmを耕した畝に株間10㎝・条間20㎝に瓶で植穴を作り、3〜4粒づつ播種。 写真の畝奥、手前は蕪。
枚方自然農法塾の春課題作物として、昨年夏秋課題作物として栽培したサラダごぼうを各人の畑で栽培することになった 。
サラダごぼう(2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)